【Busty-Ema(おっぱいエマ)】業界最高峰・令和最強のおっぱいはコレ!

2023年,PR,レビュー

Busty-Ema(おっぱいエマ)というおっぱい正面図
Busty-Ema(おっぱいエマ)というおっぱい
Busty-Ema(おっぱいエマ)のサイズ感
Busty-Ema(おっぱいエマ)のサイズ感1
Busty-Ema(おっぱいエマ)の揉み心地
Busty-Ema(おっぱいエマ)にディルドを挟む
Busty-Ema(おっぱいエマ)のパイズリ
Busty-Ema(おっぱいエマ)の乳首
Busty-Ema(おっぱいエマ)というおっぱい正面図
Busty-Ema(おっぱいエマ)というおっぱい正面図
Busty-Ema(おっぱいエマ)というおっぱい
Busty-Ema(おっぱいエマ)というおっぱい
Busty-Ema(おっぱいエマ)のサイズ感
Busty-Ema(おっぱいエマ)のサイズ感
Busty-Ema(おっぱいエマ)のサイズ感1
Busty-Ema(おっぱいエマ)のサイズ感1
Busty-Ema(おっぱいエマ)の揉み心地
Busty-Ema(おっぱいエマ)の揉み心地
Busty-Ema(おっぱいエマ)にディルドを挟む
Busty-Ema(おっぱいエマ)にディルドを挟む
Busty-Ema(おっぱいエマ)のパイズリ
Busty-Ema(おっぱいエマ)のパイズリ
Busty-Ema(おっぱいエマ)の乳首
Busty-Ema(おっぱいエマ)の乳首
previous arrow
next arrow
Busty-Ema(おっぱいエマ)というおっぱい正面図
Busty-Ema(おっぱいエマ)というおっぱい
Busty-Ema(おっぱいエマ)のサイズ感
Busty-Ema(おっぱいエマ)のサイズ感1
Busty-Ema(おっぱいエマ)の揉み心地
Busty-Ema(おっぱいエマ)にディルドを挟む
Busty-Ema(おっぱいエマ)のパイズリ
Busty-Ema(おっぱいエマ)の乳首
previous arrow
next arrow

製作期間3年以上の力作、『Busty-Ema(おっぱいエマ)』をレビューします。

まちがいなく業界最高峰のクオリティ!
Busty-Ema(おっぱいエマ)

Busty-Ema(おっぱいエマ)

5.0★★★★★

▼よく使われてる販売サイト

メーカー
大魔王オリジナル
値段
47,080円
発売年
2023年
特徴
爆乳
  • 本物みたいにやわらかいおっぱいがほしい
  • マンガみたいにでっかいおっぱいがほしい
  • リアルとファンタジー両方を兼ね備えた最強おっぱいがほしい!

良い点

  • リアルおっぱいのようなやわらかい揉み心地
  • マンガに出てくるような爆乳おっぱい

悪い点

  • 8kgあるから持ち運びが大変
  • 硬度はふわトロ
  • 「おっぱいアイちゃん 色白ver」の爆乳版
  • 総重量8kg
  • たわわな横乳・下乳がリアルで、本物のおっぱいが眼の前にあると錯覚できるほど生々しいおっぱい

1019タイトルが最大60%オフ!

「FANZA大人のおもちゃ 1000タイトルセール」が開催されました。(5/23~6/27まで)

FANZAキャンペーン
↑タップしたらセール会場へ飛べます↑

1019タイトルものグッズが最大60%オフというバーゲンセール。

当サイトで最高評価のオナホールもたくさんセールされているので、

  • オナホデビューをしたいと思っている
  • 買いそびれたオナホールがあって、いまさら定価で買う気になれない

という人がいたら、ぜひこのキャンペーンを利用してください。

>>セブンティーンリアリティ<<

>>セール会場はここ<<

てぃんこ

今回はFANZA内でも売上が高いものを厳選してセールしてるからマジでお得!

>>その他セール情報一覧<<

記事内に商品プロモーションを含む場合があります
それによるレビュー内容の変更・忖度は一切ございません

3分でわかる簡易レビュー

Busty-Ema(おっぱいエマ)の画像まとめ

星5。

おっぱい好きはこれさえ買っとけばいい。

Busty-Ema(おっぱいエマ)の画像まとめ

まちがいなく、現状(2024/4/21時点)で業界最高峰のおっぱい。

『Busty-Ema(おっぱいエマ)』の特徴は、

  • 総重量8kgという爆乳おっぱい
  • 外ソフト・内ふわトロというリアルおっぱいのような二層構造
  • 台座が分厚いから乱暴に腰振りしても本体がズレない

なにがいいって、リアルとファンタジー両方を兼ね備えているところ。

  • 本物のおっぱいのようにやわらかい揉み心地
  • マンガに出てくるようなファンタジー爆乳
Busty-Ema(おっぱいエマ)の揉み心地

相反する2つの要素を掛け合わせているのに、違和感がまったくないというのがすばらしい。

てぃんこ

大魔王オリジナルの素材って肌触りがよすぎるんだよな

いままでのおっぱいは、片方を追求することで片方を捨てるという選択肢をとっていました。

たとえばリアル系でいたら「おっぱいアイちゃん」。

本物のような揉み心地のリアル系おっぱいだったけど、リアルさを追求するあまり、サイズが控えめでパイズリしづらかった

Busty Aichan(おっぱいアイちゃん)色白verのパイズリ
挟みきれないアイちゃん

また、ファンタジー系なら「こんがりおっぱい チチヤケタ」。

爆乳なので挟みやすかったけど、その形を維持するためにコシの強いムチムチ素材を使用していたので、揉み心地が本物からかけ離れていた

こんがりおっぱい チチヤケタの乳首の弾力
弾力がありすぎるチチヤケタ

けど『Busty-Ema(おっぱいエマ)』は、ひと味ちがう。

「おっぱいアイちゃん」のようなリアル揉み心地のまま、「チチヤケタ」のような爆乳。

Busty-Ema(おっぱいエマ)のやわらかさ

パイズリしようとしたらペニスが肉に埋もれて見えなくなるほどの大迫力。

Busty-Ema(おっぱいエマ)の乳首のパイズリ

本物のような揉み心地をキープしたまま、マンガのような爆乳を再現した、むこう10年はこれ以上のものが生まれないと断言できるレベルの最強おっぱい

てぃんこ

製作に3年以上かかったらしいんだけど、その成果がちゃんと出てる

まとめると、『Busty-Ema(おっぱいエマ)』は、

  • 本物みたいにやわらかいおっぱいがほしい
  • マンガみたいにでっかいおっぱいがほしい
  • リアルとファンタジー両方を兼ね備えた最強おっぱいがほしい!

という、多少値段は張ってもいいからとにかく最高品質のおっぱいがほしいという人におすすめです。

Busty-Ema(おっぱいエマ)の評判・口コミ体験談

いいレビュー

★★★★★

全世界に存在するおっぱいグッズの中で最高峰の商品。日本最高!

★★★★★

触り心地が全然違うとにかく柔らかくて1日中触っていられる点と、視覚的圧倒的なデカさがやばい事と、写真で見て乳首は普通かなって思ったが全然気にならないバランスが良かった

わるいレビュー

★☆☆☆☆

デカすぎる、家族にバレた

★☆☆☆☆

その大きさ重さ故に、取扱いに凄く神経を使いますし、気を遣います

■販売サイトはこちら(価格:47,080円)

ほんのちょっとくわしいレビュー

具体的になにが気持ちいいのか。

さっきの簡易レビューで書ききれなかった

  • 本物みたいにやわらかい揉み心地
  • パイズリしやすいふたつの理由
  • リアル・ファンタジー両方を兼ね備えてるすごさ

について深掘りしていきます。

本物のおっぱいみたいにやわらかい揉み心地

『Busty-Ema(おっぱいエマ)』は、揉み心地が極上すぎる

本物のおっぱいとしか言いようがないやわらかさ。

Busty-Ema(おっぱいエマ)の揉み心地
指が沈むほどのやわらかさ
てぃんこ

目つむって服着せたらマジで本物か偽物かわからない

つくりは外ソフト・乳房内ふわトロの二層構造。

”リアルおっぱいすぎる”と話題の「おっぱいアイちゃん 色白ver」とおなじギミックですね。

Busty-Ema(おっぱいエマ)とアイちゃんの比較図
左:エマちゃん 右:アイちゃん

つまり、発売から10年経ってもいまだに毎月売り切れるあの名作を爆乳verにパワーアップさせたのが今作

てぃんこ

どちらも大魔王オリジナル。このメーカーはリアル触感をつくるのが業界でもトップクラスにうまい

『Busty-Ema(おっぱいエマ)』は、家のなかで「揉みたい」とおもったときいつでも揉ませてくれるおっぱいをもとめている人におすすめです。

パイズリしやすいふたつの理由ーおおきさ・土台の厚み

『Busty-Ema(おっぱいエマ)』は、とにかくパイズリがしやすい

Busty-Ema(おっぱいエマ)の乳首のパイズリ
変則パイズリも余裕
パイズリしやすい理由
  • 爆乳だから
  • 土台が分厚いから

このふたつがパイズリしやすい理由、そして前作「おっぱいアイちゃん」に向けられた不満の解決策です。

てぃんこ

むかしから「おっぱいアイちゃん」はパイズリしにくいっていう不満の声があったんよ

そこで『Busty-Ema(おっぱいエマ)』は、「おっぱいアイちゃん」より約5.65kg分も爆乳化することで物理的な挟みやすさを改善。

Busty-Ema(おっぱいエマ)のパイズリ
ペニスが埋もれて見えなくなる

そして意外と見落とされがちなのが、土台の厚み。

Busty-Ema(おっぱいエマ)とおっぱいアイちゃんの土台の厚み比較
土台の厚みがぜんぜんちがう

土台を厚くすることで、おっぱいが置いた場所で踏ん張ってくれるようになり、どれだけ乱暴に腰を動かしても位置がズレなくなりました

ここが薄いと、ピストン中、おっぱいがめくれたりどんどん前のほうに行っちゃったりして、とにかく不便ですからね。

人工皮膚素材 prprおっぱいは土台が薄い
こういう薄いのはダメ
てぃんこ

気づいたら目の前が壁だったとかあるからね

『Busty-Ema(おっぱいエマ)』は、やわらか爆乳おっぱいで思う存分パイズリ射精したい人におすすめです。

本物みたいな揉み心地なのにマンガのような爆乳というすごさ

『Busty-Ema(おっぱいエマ)』のなにがすごいって、リアルとファンタジーを両立させていること。

具体的にいうと、ホンモノのような揉み心地をキープしつつ、マンガのような爆乳化に成功させている

Busty-Ema(おっぱいエマ)の揉み心地

いままでのおっぱいは、片方を追求することで片方を捨てるという選択肢をとっていました。

たとえばリアル系でいたら「おっぱいアイちゃん」。

本物のような揉み心地のリアル系おっぱいだったけど、リアルさを追求するあまり、サイズが控えめでパイズリしづらかった

Busty Aichan(おっぱいアイちゃん)色白verのパイズリ
サイズがちいさい

また、ファンタジー系なら「こんがりおっぱい チチヤケタ」。

爆乳なので挟みやすかったけど、その形を維持するためにコシの強いムチムチ素材を使用していたので、揉み心地が本物からかけ離れていた

こんがりおっぱい チチヤケタの乳首の弾力
硬い
てぃんこ

やわらかいままだとおっぱいが型崩れ起こすから、爆乳化するなら素材を硬くするのはしかたないことだったんよ

けど『Busty-Ema(おっぱいエマ)』は、ひと味ちがう。

「おっぱいアイちゃん」のようなリアル揉み心地のまま、「チチヤケタ」のような爆乳。

Busty-Ema(おっぱいエマ)のやわらかさ

パイズリしようとしたらペニスが肉に埋もれて見えなくなるほどの大迫力。

Busty-Ema(おっぱいエマ)のパイズリ

本物のような揉み心地をキープしたまま、マンガのような爆乳を再現した、むこう10年はこれ以上のものが生まれないと断言できるレベルの最強おっぱい

てぃんこ

製作に3年以上かかったらしいんだけど、その成果がちゃんと出てる

まとめると、『Busty-Ema(おっぱいエマ)』は、

  • 本物みたいにやわらかいおっぱいがほしい
  • マンガみたいにでっかいおっぱいがほしい
  • リアルとファンタジー両方を兼ね備えた最強おっぱいがほしい!

という、多少値段は張ってもいいからとにかく最高品質のおっぱいがほしいという人におすすめです。

Busty-Ema(おっぱいエマ)というおっぱい正面図
Busty-Ema(おっぱいエマ)
通販大魔王  47,080円

オススメ

Busty-Ema(おっぱいエマ)をおすすめできないタイプ

Busty-Ema(おっぱいエマ)をおすすめできない人

現状、だれどうみても業界最高峰な『Busty-Ema(おっぱいエマ)』ですが、もしかしたら合わない人がいるかも。

  • 爆乳過ぎるのはニガテ
  • さすがに4万円も出せない

という人には合わない。

総重量8kgという爆乳っぷり

『Busty-Ema(おっぱいエマ)』は、総重量8kgという生まれたての赤ちゃん2.5人分のおもさ。

さすがにおもすぎるし、収納が大変。

人間サイズのおっぱいをもとめているならほかのおっぱいをさがしましょう。

おすすめはおっぱいアイちゃん 色白ver

Busty Aichan(おっぱいアイちゃん)のパッケージ
Busty Aichan(おっぱいアイちゃん)色白verの画像まとめ

リアル系おっぱいの最高峰。

発売から10年経ってるのに、いまだに毎月売り切れてるロングセラーおっぱいです。

■販売サイトはこちら

▼実際につかってみた感想レビュー

47,080円はさすがに高いか?

『Busty-Ema(おっぱいエマ)』は、お値段なんと47,080円。

新品のプレステ4より高い。

さすがにオナニーグッズに4万円が出せないよ…という人はほかのおっぱいをさがしましょう。

おすすめはSUPREME TOUCH

SUPREME TOUCH(シュプリームタッチ)のパッケージ
SUPREME TOUCH(シュプリームタッチ)の画像まとめ

お値段16,500円。

「それでもまだ高いよ!」とおもうかもだけど、実用性を考えたらおっぱいは最低でも1万は覚悟しなきゃが取れない

それに「SUPREME TOUCH」はどう考えても3万くらいじゃないと採算がとれない出来栄えなので、コスパはマジでいい。

■販売サイトはこちら

▼実際につかってみた感想レビュー

Busty-Ema(おっぱいエマ)とは?

Busty-Ema(おっぱいエマ)というおっぱい
値段47,080円
メーカー大魔王オリジナル
発売年2023年
サイズ370×370×170mm(横×縦×高さ)
硬度ふわトロ
重さ8000g
おすすめ度★★★★★

メーカーの商品説明では

当店オリジナルの人気おっぱいグッズBusty-Aichan(おっぱいアイちゃん)。2011年の発売以降、多くの人に愛されている人気おっぱいグッズですが、お客様からは「もっと大きいおっぱいグッズが欲しい!」という声を頂戴していました。

その声にお応えすべく完成した「Busty-Ema(おっぱいエマ)」は重量が約8kgとBusty-Aichan(おっぱいアイちゃん)の約3倍ほどの重量があります。

Twitterの店長アカウントでは3年以上前から本製品の開発についてご報告させていただいておりましたが、紆余曲折ありようやく完成いたしました。

最初に完成した原型は素晴らしい仕上がりでしたが、攻めすぎた形状であっため、結果的に金型に問題が生じました。
そのため、原型を修正し、再度金型の開発に取り組みました。しかし、2回の金型の再作成にも関わらず、完成した試作品は十分な品質を備えていなかったため、3回目の金型開発に取り組むことにしました。

3回目の金型開発では新しい技法で金型の制作を依頼。しかし、依頼した複数の企業に断られてしまいました。そのため、試作を作ることができれば失敗しても構わないという条件付きで制作していただける会社を見つけました。
その会社で完成した金型でようやく量産が可能な金型が完成とおっぱいエマの金型完成までに時間がかかりました。

ただ、この完成した金型は一般的な金型と比べて巨大になり、クレーンを使い製造するといった少し大掛かりな施設が必要になりました。また、作業スペースや金型数、そもそも原材料を溶かせる量が1日の中で限られており、生産できる個数が自ずと少量になります。そのため、ご予約での販売は販売状況をみて検討いたします。

このおっぱいエマの魅力は”自然な爆乳”です。従来の爆乳系のおっぱいグッズは、どちらかといえばリアル系というよりエロ漫画系の造形が多くなります。エロ漫画系も悪くはないのですが、3次元で眼の前に存在するとやや不自然に感じてしまう造形です。

おっぱいエマはたわわな横乳・下乳がリアルで、本物のおっぱいが眼の前にあると錯覚できるほど生々しいおっぱいです。

大人のおもちゃ通販大魔王公式サイトより

という感じ。

外観

Busty-Ema(おっぱいエマ)というおっぱい正面図

横370mm、縦370mm、高さ170mm、おもさ8000g。

手からあふれるほどの爆乳です。

硬度はふわトロ(-2)。

さわり心地はムニュムニュ。

服を着せたら本物か偽物か見分けつかないレベル。

Busty-Ema(おっぱいエマ)の揉み心地

胸のおおきさもばっちりなので、どんな巨根でもパイズリできる。

Busty-Ema(おっぱいエマ)の乳首のパイズリ

乳首だけ勃起してるかのようにちょい硬。

Busty-Ema(おっぱいエマ)の乳首
Busty-Ema(おっぱいエマ)の乳首の弾力

てぃんこ的評価★★★★★

最後にオナホデータをまとめておきます。

やわらかい★★☆☆☆硬い
まったり★★☆☆☆☆高刺激
おすすめ度★★★★★

おすすめできる人

  • 本物みたいにやわらかいおっぱいがほしい
  • マンガみたいにでっかいおっぱいがほしい
  • リアルとファンタジー両方を兼ね備えた最強おっぱいがほしい!
Busty-Ema(おっぱいエマ)というおっぱい正面図
Busty-Ema(おっぱいエマ)
通販大魔王  47,080円

オススメ

おすすめできない人

  • 爆乳過ぎるのはニガテ
  • さすがに4万円も出せない

もしこの『Busty-Ema(おっぱいエマ)』に関して質問や感想がありましたら、お手数ですがコメントください。

それ以外にも自分に合うオナホールを探したくなったら当サイト『オナ王』でお探しください。

この記事を書いた人
tinko(ティンコ)

プロフィール
元アダルトショップ店員。いまニート。「オナ王」は、買ったオナホールをひたすらレビューしています。より良いオナニーライフの手助けになれれば幸いです。
プロフィール詳細 / リクエスト板 / Twitter