オナホールにコンドームを使うべき4つのタイプの人間

オナホールにコンドームを使うべき4つのタイプの人間

どうも、うすのろです。

 

あなたはオナホールオナニーをするときに『コンドーム』はつかいますか?

 

「コンドームつけたら気持ちよくないじゃん!コンドームもタダじゃないし、わざわざつける意味が分からん!」

 

という声、すごくわかります。

しかし、実はコンドームをつけてオナホールオナニーをするメリットってすごく多いんです。

ということでこの記事では、オナホールにコンドームをつかうメリットについて書いていきたいと思います。

 

オナホールにコンドームって必要?

 

オナホールにコンドームは必要か。

 

答えは

人それぞれ

です。

 

なぜならコンドームを使うメリット・デメリットのどちらを重要視するかで変わってくるからです。

 

先にデメリットから説明します。

オナホールにコンドームを使うデメリットは

  • 気持ち良さが半減
  • コンドーム代がかかる

この2つです。

 

コンドームをつけるよりナマで挿入する方が刺激は強いし、オナホを使うたびにコンドームを使っているとお金がかかります。

しかし、デメリットはそれだけです。

 

この2点をそこまで重要視していなければコンドームはつかった方がいいでしょう。

Right Caption

うすのろ

ハード素材のオナホが好きな人は向かないけどソフト素材のオナホが好きなら意外とアリだよ

 

オナホールにコンドームを使うメリットは

  • プレイ後の洗浄が楽
  • 早漏でも長く楽しめる
  • 性病にかかる心配がない
  • 真正包茎でもオナホールが使える

この4つです。

詳しく見ていきましょう。

 

プレイ後に洗うのが楽

 

これはマストです。

世の男性がオナホールを使わない大きな理由として、「終わったあと洗うのが面倒くさい」というのがあります。

 

確かにものすごく面倒くさいです。

あの賢者タイムの時間、オナホの穴に指を突っ込んで中の精子とローションをほじくっているあの時間。

放置しようものならオナホが不衛生だし何より部屋が臭くなる。

あの時間がイヤでオナホールを使わなくなったという人をぼくは何人も見てきました。

 

しかし、コンドームをつければ洗うのは簡単

ローションだけなら水洗いで簡単にとれるし、精子がないから賢者タイムが終わるまで放置しても嫌な臭いは部屋に充満しません。

TENGAみたいな使い捨てタイプのオナホールは洗う面倒臭さを気にしなくても大丈夫ですが、繰り返しタイプのオナホールユーザーならコンドームを使って洗う時間を短縮するのを考えてみるのもいいでしょう。

Right Caption

うすのろ

時は金なり!

 

早漏でも長く楽しめる

 

このケースも割と多いです。

 

「せっかくオナホを買ったのにすぐイキそうになってフルにオナホールを楽しめている気がしない、、」

 

オナホールはゴムをつけるより生のほうが気持ちいいです。

正確に言うと、ナマのほうが「刺激が強い」です。

 

しかし、オナホールに「刺激の強さ」をそこまで求めていないのなら、コンドームはオススメです。

 

「ソフト素材でまったり長時間楽しみたい。でも早漏だからソフトでもすぐイッちゃう、、」

 

なんて人にはピッタリでしょう。

Right Caption

うすのろ

早漏特訓にもなるしね。

 

性病にかかる心配がない

オナホで性病にかからないために

オナホールを不衛生にしてしまい、実際に性病にかかってしまったという人は結構多いです。

僕の周りにも何人かいます。

 

しかし、みんな口をそろえて言うのが

「ちゃんと洗ってたのに性病になったんだよ!」

ということ。

 

本当にかかった人みんなが口をそろえて言っていたのでぼくも少し考えさせられました。

自分はちゃんとオナホールを洗えているのか?

と。

 

ぼくは終わったあとはちゃんと中を水洗いしてぬめりを取り、洗い終わったらキッチンペーパーで内部の水気を取ったのちに、風当たりの良いところで放置して乾燥させています。

 

しかし、性病にかかった友人たちはみんな似たような感じで洗っていいました。

結局のところ、自分がちゃんとオナホールを洗えているのか分からないんですよね。

つまり、ちゃんとオナホールを洗っている誰もが性病にかかる可能性があるということ。

 

しかし、その心配もコンドームがあれば問題なしです。

コンドームをつけてプレイしてれば、昨日洗っていないオナホールをそのまま使ったとしても性病にかかることはないです。

でもオナホールはちゃんと洗いましょう。

Right Caption

うすのろ

プレイ後に陰毛についたローションを放置するといつか「いんきんたむし」になっちゃうから気をつけようね。そこはコンドーム関係ないからね。

 

真正包茎でもオナホールが使える

真正包茎でもオナホールは使える

オナホールは、世の男性みんなに使う権利があります。

しかし、権利があっても使えない男性もいます。

それが真正包茎の男性です。

 

真正包茎がオナホールを使えない理由は

  • 剥くと痛い
  • 亀頭が敏感過ぎていたい

この2点です。

 

貫通タイプのオナホールならまだしも、非貫通タイプのオナホールはストロークをしているとどうしても皮が剥けちゃうんですよね。

 

それを知らずにオナホールを楽しんでたら突然ちんこに激痛、ホールをゆっくり抜いてみたら皮が剥けてて亀頭が真っ赤っか。
自分では戻せないからわざわざ病院に行って先生に戻してもらう。

なんてことになりかねないです。

 

しかし、コンドームをつければ皮が剥けることなく真正包茎でもオナホールを楽しむことができます。

というより「真正包茎の人はコンドームがかならず必要」になります。

 

まとめ

いかがでしたか?

まとめると

コンドームを使うメリット・デメリットメリット

  • プレイ後の洗浄が楽
  • 早漏でも長く楽しめる
  • 性病にかかる心配がない
  • 真正包茎でもオナホールが使える

デメリット

  • 刺激が弱くなる
  • コンドーム代がかかる

となります。

 

繰り返しタイプのオナホールを買ったのなら日々のメンテナンスは重要になります。

いい車をいい状態で長く乗っていくためには「普段から大事に乗ってあげること」と「欠かさないメンテナンス」が必要です。

 

それはオナホールも同じこと。

普段から大事に遊んであげて、終わったらメンテナンスを欠かさない。

そういう日々の積み重ねを重ねることで、より長い時間一緒に過ごせるようになります。

 

「車」と「オナホール」、そして「恋人」はみんな日々の積み重ねが大事です。

 

グッズ系

Posted by joymax