【ボクのおなぺっとBeginning】むかしの遺産を食いつぶす知名度先行型ホール

ボクのおなぺっとBeginningを完全レビュー

ボクのおなぺっとBeginning(びぎにんぐ)』をレビューします。

”やすいのに気持ちいい”で一世を風靡した、「ボクのおなぺっと」シリーズ。

あのころはオナホの数がすくなかったので大ヒットしたけど、令和はそうもいきません。
オナホの母数がふえているので。

時代の波にのまれ、さいきんはめっきり影を潜めてしまったボクおなシリーズですが、新作が発売されました。

あのころの輝きをとりもどせるのか。

レビューしていきます。

おすすめできる人
  • ゾリゾリ刺激好き
  • 安いオナホールがいい

おすすめできない人
  • ユル系好き
  • 包まれ感をもとめている
  • エッジの利いたゾリゾリをもとめている

当てはまったら「ボクのおなぺっとBeginningをおすすめできない人」へ!

時間がない人のための簡易レビュー

ボクのおなぺっとBEGINNINGのパッケージまとめ

星2。

「別のやつでいい」要素がありすぎる。

ボクのおなぺっとBEGINNINGの画像まとめ

ボクおなシリーズ特有の横ヒダにくわえ、奥にスクリュー状の縦ヒダスパイラル。

子宮ギミックも施されていたり、12cmの小型ホールのわりにはたくさんのギミックがつめこまれています

さきに結論をいうと、横ヒダ以外の存在感はありません

ボクのおなぺっとBEGINNINGの横ヒダの存在感

絡みつきもクポクポもしない。

ただ、横ヒダが大雑把にゾリゾリするだけです。

ボクのおなぺっとBEGINNINGの奥

「手も気持ちいいけど、オナホールってもっと気持ちいいのかな?」

格安オナホールを買う理由・第1位はこれです。

あなたもそうですか?

となると、この『ボクのおなぺっとBeginning』は買っちゃダメ

ほかのボクおなシリーズから選んだほうがいいし、1000円ほど出せるなら「ヴァージンループ」を買うべき。

tinko

もっと気持ちいいやつはほかにある

ボクおなマニアにおすすめ。

実際につかってみた

ボクのおなぺっとBEGINNINGの中身
挿入感貼りつく
刺激感横ヒダだけ
バキューム力吸着系
総評中途半端

使用感、感想

星2。

やすいだけ。

やわらかい★★★☆☆硬い
まったり★★★★☆高刺激

くわしくみていきましょう。

挿入感:意外とキツキツ

挿入難易度は高い。

というのも、伸縮性のない素材なんですね。

ペラペラにやわらかいんだけど、入口が広からない。

なので、ある程度ちんちんを硬くしてからじゃないと挿入できません

ボクのおなぺっとBEGINNINGの伸縮性
横には伸びる

伸縮性がないということは、裏をかえせば密着感がすごいということ。

肉薄なので「包まれる」という感想は浮かびません。

しかし、ペタっとちんちんに貼りつくような、吸着系の挿入感をあじわえます。

tinko

ハンドオナニーの延長線上

刺激感:横ヒダのみ

刺激のメインは、横ヒダによるゾリゾリだけ。

奥のスパイラル縦ヒダや子宮口など、ギミックはたくさん。

しかし、どれも存在感はない。

結局、横ヒダのゾリゾリがメイン刺激です。

ボクのおなぺっとBEGINNINGの内部探索

しかし、残念ながらその横ヒダギミックも中途半端

というのも、ヒダが丸みを帯びてるんですね。

ボクのおなぺっとBEGINNINGの横ヒダ

エッジの利いたゾリゾリではなく、まどろみのあるゾリゾリ。

ガチンコの殴り合いをもとめていたのに、20オンスの極厚練習用グローブをつけられた感じ。

せっかくキツキツなんだから、ヒダもエッジの利いたハード系にしてほしかった。

tinko

ボクおなはもっと雑なヒダでいいんや、、

吸いつきは並み

バキューム力は並み。

サイズがちいさいので、バキューム力はショボいです。本来は。

しかし、『ボクのおなぺっとBeginning』はキツキツ。

吸われるようなバキューム力はないけど、ピトッと貼りつくような吸着系のバキューム力があります。

洗い方、裏返しは可能?

ボクのおなぺっとBEGINNINGは裏返しNG

裏返しはNG

ペラペラの肉薄ホールなので、かんたんに裂ける。

注水で洗いましょう。

底も薄いので、手荒に指ズボして突き破らないように。

ボクのおなぺっとBeginningをおすすめできない人

ボクのおなぺっとBEGINNINGをおすすめできない人

ボクおなシリーズの横ヒダ刺激をあじわえる『ボクのおなぺっとBeginning』ですが、もしかしたら合わない人がいるかも。

具体的には

  • ユル系好き
  • 包まれ感をもとめている
  • エッジの利いたゾリゾリをもとめている

には合わない。

意外とキツキツ

『ボクのおなぺっとBeginning』は、キツキツです。

おもった以上に、キツキツです。

tinko

令和とはおもえない伸縮性のなさ

ユル系をもとめているならほかのオナホールをさがしましょう。

おすすめはヴァージンループ

ヴァージンループの中身
ヴァージンループの入口

横ヒダ系の王。

入口がひろいので、半勃起でもラクラク挿入できる。

▼くわしいレビュー記事はこちら

肉薄

『ボクのおなぺっとBeginning』はペラペラです。

115gですからね、しかたない。

tinko

ボクおなは安さがポイントだから

肉厚な包まれ感をもとめているならほかのオナホールをさがしましょう。

おすすめはボクのおなぺっと2ぐれいと

ボクのおなぺっと2ぐれいとの中身
ボクのおなぺっと2ぐれいとの内部構造

大型のボクおなシリーズ。

ボクのおなぺっと4」という新作もあるけど、こっちのほうがおすすめ。

▼くわしいレビュー記事はこちら

丸みの帯びたヒダギミック

横ヒダギミックはキモな『ボクのおなぺっとBeginning』。

つかってみたけど、ヒダがやさしい

tinko

丸みを帯びてるから、ゾリゾリというよりモコモコなのよ

エッジの利いたゾリゾリをもとめているならほかのオナホールをさがしましょう。

おすすめはボクのおなぺっとZERO

ボクのおなぺっとZEROの中身
ボクのおなぺっとZEROの内部ギミック

エッジが利いてるほうのボクおな。

ZERO と リグレちゃん は名作なので、ボクおな初心者はどちらかを買ったほうがいい。

▼くわしいレビュー記事はこちら

ボクのおなぺっとBeginningとは?

ボクのおなぺっとBEGINNINGのパッケージ
値段580円前後
メーカーメイト
発売年2021年
サイズ120×50mm(全長×幅)
内部長110mm
重さ115g
おすすめ度★★☆☆☆
tinko

いつものボクおなだね

外観【ちいさめ・グニュグニュ】

ボクのおなぺっとBEGINNINGというオナホール

全長120mm、幅50mm、おもさ115g。

マックのハンバーガーくらいの重さですね。

ボクのおなぺっとBEGINNINGのサイズ感

さわり心地はグニュグニュ

グミみたいなもんです。

ボクのおなぺっとBEGINNINGのやわらかさ

べたつきはなし。

においはあり。

ボクのおなぺっとBEGINNINGの挿入口
ボクのおなぺっとBEGINNINGをクパッとしてみた
tinko

昔のオナホならではのにおいがした

内部構造【ボクおな流のヒダギミック】

ボクのおなぺっとBEGINNINGの内部構造

内部長110mm。

つくりは「横ヒダギミック」

ボクおなの定番ギミックですね。

ボクのおなぺっとBEGINNINGを裏返してみた

裏返したらこんなかんじ。

奥のほうにスパイラルヒダや子宮ギミックまであります。

ボクのおなぺっとBEGINNINGの内部ギミック
tinko

まあ、、いらんかったけどね

ボクのおなぺっとBeginningの評判・口コミ体験談

ぼくだけがひたすら『ボクのおなぺっとBeginning』のよさを説明してもアレなので、ここからはネットの声をいくつか載せておきます。
よかったら参考にしてください。

いいレビュー

調査中

わるいレビュー

調査中

tinko的評価★★☆☆☆

最後にオナホデータをまとめておきます。

やわらかい★★★☆☆硬い
まったり★★★★☆高刺激
おすすめ度★★☆☆☆

おすすめできる人

  • ゾリゾリ刺激好き
  • 安いオナホールがいい

おすすめできない人

  • ユル系好き
  • 包まれ感をもとめている
  • エッジの利いたゾリゾリをもとめている

もしこの『ボクのおなぺっとBeginning』に関して質問や感想がありましたら、お手数ですがコメントください。

それ以外にも自分に合うオナホールを探したくなったら当サイト『オナ王』でお探しください。

この記事を書いた人
tinko(ティンコ)

プロフィール
元アダルトショップ店員。いまニート。「オナ王」は、買ったオナホールをひたすらレビューしています。より良いオナニーライフの手助けになれれば幸いです。
プロフィール詳細 / リクエスト板 / Twitter