【徹底比較】ボクのおなぺっとシリーズ全16種類のなかでいちばん気持ちいいオナホールを決めてみた【どれがおすすめ?】

2020年6月21日

ボクのおなぺっと完全比較

どうも、ボクおなシリーズ完全制覇した男、tinkoです。

そのむかし、オナホール界に革命を起こした「ボクのおなぺっと」。

「やすくて」「気持ちいいい」という、ユーザーのニーズを完ぺきに応えた伝説のオナホール。

そんなボクおなも気づいたら10種類以上。

どれを買えばいいかわからなくないですか?

低価格・中型・カップホール。

多種多様なボクおなシリーズ。

まちがったボクおなを買わないよう、この記事ではそれぞれのタイプに合ったボクおなをご紹介していきます。

あなたに合ったボクおなを是非見つけてみてください。

低価格で一番のオススメはボクのおなぺっと×リグレちゃん

ぼくのおなぺっとリグレちゃんの中身

1000円以下で一番のオススメはボクのおなぺっと×リグレちゃん

ボクおなといえば定番の横ヒダ

横ヒダによるゾリゾリ感はボクおなの最低条件。

ぼくのおなぺっとリグレちゃんの内部ギミック

このリグレちゃんは横ヒダにくわえ、プリプリの子宮口ギミックも搭載。

単調で飽きがちな横ヒダ刺激に、カリ首にコリコリっと引っかかるアクセント。

低価格ボクおなでこの気持ちよさは異次元。

ぼくのおなぺっとリグレちゃんの中身
ぼくのおなぺっとリグレちゃん
メイト×リグレジャパン 1000円前後
おすすめ度★★★★★

オススメ

中型で一番のオススメはボクのおなぺっと2ぐれいと

ボクのおなぺっと2ぐれいとの中身

中型でおすすめはボクのおなぺっと2ぐれいと

これ以外の中型ボクおなはおすすめできない。

やすさが売りのボクおな。

2~3000円出せるなら、わざわざボクおなシリーズを選ぶ理由がない。

tinko

この価格帯で気持ちいいオナホなんてたくさんあるからね

そんななかでもこのボクおな2ぐれいとは別。

全長180mmという大きさに、横ヒダ以外にもたくさん詰めこまれたオナホギミック

カップホールはどれもおすすめできない

ボクのおなぺっとのカップホール

カップホールは基本どれもおすすめできない。

理由は、

  1. コスパが悪い
  2. 基本的に駄作

繰り返し何回も使えて、なおかつ安くて気持ちいいからこそのボクおな。

「繰り返し使える」のと「使い捨てのカップホール」なら、繰り返し使えるのを買ったほうがいいに決まってる。

ここら辺をふまえつつ、あえてカップホールでおすすめを選ぶなら『ボクのおなぺっとsweetie』

ボクのおなぺっとSWEETIE

消去法でこれ。

もちろん使い捨てだけど、カップホールならこれがいちばんマシ。

まちがってもウレタンとかスーパークイックは買っちゃいけない

tinko

ただのスポンジやぞあれ

ボクおなシリーズの比較

では次にいろんな面でボクおなを比較していきましょう。

小型ホール
外観 挿入口 内部構造 やわらかさ
初代 ボクのおなぺっとというオナホール ボクのおなぺっとの入口 ボクのおなぺっとの内部 ボクのおなぺっとのやわらかさ
ボクのおなぺっと2というオナホール ボクのおなぺっと2の挿入口 ボクのおなぺっと2の内部 ボクのおなぺっと2のやわらかさ
ボクのおなぺっと3というオナホール ボクのおなぺっと3の挿入口 ボクのおなぺっと3の内部構造 ボクのおなぺっと3のやわらかさ
ZERO ボクのおなぺっとZEROというオナホール ボクのおなぺっとZEROの挿入口 ボクのおなぺっと0の内部構造 ボクのおなぺっとZEROのやわらかさ
リグレ ぼくのおなぺっとリグレちゃんというオナホール ぼくのおなぺっとリグレちゃんの挿入口 ぼくのおなぺっとリグレちゃんの内部構造 ぼくのおなぺっとリグレちゃんのやわらかさ
ポク ポクのおなぺっとというオナホール ポクのおなぺっとの挿入口 ポクのおなぺっとの内部構造 ポクのおなぺっとのやわらかさ
中型ホール
ボクのおなぺっと4というオナホール ボクのおなぺっと4の挿入口 ボクのおなぺっと4の内部構造 ボクのおなぺっと4のやわらかさ
2ぐれ ボクのおなぺっと2ぐれいとというオナホール ボクのおなぺっと2ぐれいとの挿入口 ボクのおなぺっと2ぐれいとの内部構造 ボクのおなぺっと2ぐれいとのやわらかさ
みくら ボクのおなぺっとみくらというオナホール ボクのおなぺっとみくらの挿入口 ボクのおなぺっとみくらの内部構造 ボクのおなぺっとみくらのやわらかさ
アソコ ボクのおなぺっと×お嬢様のアソコというオナホール ボクのおなぺっと×お嬢様のアソコの挿入口 ボクのおなぺっと×お嬢様のアソコの内部構造 ボクのおなぺっと×お嬢様のアソコのやわらかさ
嬢ポテ ボクのおなぺっと×最高級のお嬢様ポテンシャルというオナホール ボクのおなぺっと×最高級のお嬢様ポテンシャルの挿入口 ボクのおなぺっと×最高級のお嬢様ポテンシャルの内部構造 ボクのおなぺっと×最高級のお嬢様ポテンシャルのやわらかさ

小型ボクおなの比較

全長はほぼみんな140mmとコンパクトサイズ。

唯一「ボクのおなぺっと2」だけ170mmとロングサイズ。

とはいえ幅もおおきいわけじゃないから、デカチンさんが買ったら裂ける。

挿入口はこんな感じ。

半勃起で挿入しづらいのは2とポク。

「ボクのおなぺっと2」は挿入口せまめ。

「ポクのおなぺっと」は入口付近に突起があって侵入を邪魔してくる。

tinko

挿入したらつぎはその突起が締めつけに変わるんだけどね

やわらかさ比較はこんな感じ。

メーカー談ではおなじ素材らしいけど、見た感じでも「ポクのおなぺっと」はすこし硬め。

内部構造はこんな感じ。

どれも定番の横ヒダをベースに、ちょこちょこ付け足したり。

tinko

リグレのリングパールは当たり改造よ

中型ボクおなの比較

いちばん大きいのは180mmの「ボクのおなぺっと2ぐれいと」。

ホッパコラボの下3本は145mm前後と実はそこまでおおきくない。

tinko

肉厚だから一応中型のカテゴリーに入れてみた

挿入口はみんなバラバラ。

どれも半勃起で簡単に挿入できる。

やわらかさ比較はこんな感じ。

素材はぜんぶ一緒なんだろうけど、肉厚さでやわらかさが変わる。

tinko

嬢ポテはムッチムチよ

内部構造は多種多様。

いちおう定番の横ヒダはあるけど、それ以外に目がいく。

ボクのおなぺっとの詳細と各シリーズの特徴

ボクのおなぺっととは

『ボクのおなぺっと』とは、2007年から始まった伝説。

あまりの人気ぶり、そしてノリのよさでコラボしまくり。

気づいたら10種類以上の大所帯シリーズに。

ボクおなに共通しているのは、横ヒダギミック

そしてわらび餅のようなやわらかさのボクおな素材。

tinko

ぼくの働いてるお店ではいまでもよく売れるからね

くわしく見ていきましょう。

ボクのおなぺっと

ボクのおなぺっとの中身

初代『ボクのおなぺっと』

伝説はここから始まった。

圧倒的安さと、シンプルな横ヒダ刺激。

2007年当時では画期的だったけど、令和になったいまでも最前線で戦えるかといわれたら「う~ん、、」という感じ。

tinko

わざわざこれを選ぶ必要はないわな

オナホデータ

ボクのおなぺっとのレビューまとめ

1分でわかるボクのおなぺっと

▼くわしいレビュー記事はこちら

ボクのおなぺっと2

ボクのおなぺっと2の中身

全長170mm。

700円前後という安さでロングホールとめずらしいオナホール。

ボクのおなぺっと2のヒダ

内部はシンプルな横ヒダ刺激。

ロングホールだから、ゾリゾリ感が永遠に続く。

安いオナホールを探してるデカチンさんはこれを買うべき。

オナホデータ

ボクのおなぺっと2のレビューまとめ

1分でわかるボクのおなぺっと2

▼くわしいレビュー記事はこちら

ボクのおなぺっと3

ボクのおなぺっと3の中身

買っちゃいけないやつ。

低価格で気持ちよくないという、なんのサプライズもないオナホール。

ボクのおなぺっと3のヒダ

内部をボコボコ道にし、締め付けもアップ。

ボクおなをパワーアップさせたかったのはわかるけど、気持ちよくはない。

tinko

この肉薄さでボコボコさせたらもうただの皮よ

オナホデータ

▼くわしいレビュー記事はこちら

ボクのおなぺっとZERO

ボクのおなぺっとZEROの中身

いろいろ手を出した挙句、原点回帰したボクおな。

やっぱりボクおなは「横ヒダによるゾリゾリ感」

ボクのおなぺっとZEROの内部ギミック

このZEROは溝が深いからゾリゾリ感アップ。

極上のゾリゾリ感を600円前後で味わえるコスパ最強ホール。

オナホデータ

ボクのおなぺっと0のレビューまとめ

1分でわかるボクのおなぺっと0

▼くわしいレビュー記事はこちら

ボクのおなぺっと×リグレちゃん

ぼくのおなぺっとリグレちゃんの中身

最オススメのボクおな。

やすいボクおながほしいならこれを買うべき。

ぼくのおなぺっとリグレちゃんの内部ギミック

ボクおな定番のゾリゾリ感はもちろん。

くわえてリングパールによるクポクポアクセント

tinko

横ヒダだけだと飽きそうって人におすすめ
ぼくのおなぺっとリグレちゃんの中身
ぼくのおなぺっとリグレちゃん
メイト×リグレジャパン 1000円前後
おすすめ度★★★★★

オススメ

オナホデータ

ボクのおなぺっとリグレちゃんのレビューまとめ

1分でわかるボクのおなぺっとリグレちゃん

▼くわしいレビュー記事はこちら

ポクのおなぺっと

ポクのおなぺっとの女の子

NLSでしか買えない激レアシリーズ。

おもな特徴は、シリーズ1のホールド力

バツグンの締め付けてくる。

ポクのおなぺっとの内部ギミック

ボクおな定番のゾリゾリ感も健在。

がっつりホールドしながらむっちりゾリゾリしてくる。

tinko

キツキツ系が好きな人はコレ
ポクのおなぺっとの女の子
ポクのおなぺっと
メイト×NLS 693円
おすすめ度★★★★☆

オススメ

オナホデータ

ポクのおなぺっとのレビューまとめ

1分でわかるポクのおなぺっと

▼くわしいレビュー記事はこちら

次からは中型のボクおなになります。

ボクのおなぺっと4

ボクのおなぺっと4の中身

ボクおなシリーズ最新作。

最新だけど、駄作

ボクのおなぺっと4の内部全体

ボクおな定番の横ヒダをのこしつつ、いろんなギミック。

とくに釣り鐘リングがめずらしい

tinko

とはいえ、駄作よ?
ボクのおなぺっと4の中身
ボクのおなぺっと4
メイト 2100円前後
おすすめ度★★★☆☆

オススメ

オナホデータ

ボクのおなぺっと4のレビューまとめ

1分でわかるボクのおなぺっと4

▼くわしいレビュー記事はこちら

ボクのおなぺっと2ぐれいと

ボクのおなぺっと2ぐれいとの中身

中型では一番おすすめ。

とはいえ、デカチンじゃない人は買わないほうがいい

ゾリゾリ感を残しつつ、クポクポ吸いつく3連子宮口ギミックがいい味。

内部がユルユルだから細チンには向かないけど、デカチンには大手を振っておすすめできる

tinko

デカチンさんは普通のボクおな使えないもんね

オナホデータ

ボクのおなぺっと2ぐれいとのレビューまとめ

1分でわかるボクのおなぺっと2ぐれいと

▼くわしいレビュー記事はこちら

ボクのおなぺっと×みくら

ボクのおなぺっとみくらの中身

ホットパワーズで廃盤になった天狗オナホの復刻版

内部構造をそのままに、素材だけボクおな仕様にした天狗オナホ。

ボクのおなぺっとみくらのギミック

ゾリゾリしつつ、奥ではおおきな子宮ギミックがクポクポ。

内部が湾曲してるから、出っ張ってる部分のゾリゾリが強烈。

やりたいことが分かったうえで、おすすめはしない

tinko

やっぱ廃盤になってるっていうのはそういうことなんだろうね
ボクのおなぺっとみくらのパッケージ
ボクのおなぺっと×みくら
メイト×ホットパワーズ 2000円前後
おすすめ度★★★☆☆

オススメ

オナホデータ

ボクのおなぺっと×みくらのレビューまとめ

1分でわかるボクのおなぺっと×みくら

▼くわしいレビュー記事はこちら

ボクのおなぺっと×お嬢様のアソコ

ボクのおなぺっと×お嬢様のアソコの中身

おなじくホッパで廃盤になったお嬢様のアソコの復刻版

ウネウネしてるだけ。

ボクのおなぺっと×お嬢様のアソコの内部ギミック

「ウネウネしてるな」としか言いようがない使用感。

もし買って微妙だったとしてもボクを責めないでほしい。

ボクのおなぺっと×お嬢様のアソコのパッケージ
ボクのおなぺっと×お嬢様のアソコ
メイト×ホットパワーズ 1800円前後
おすすめ度★★★☆☆

オススメ

オナホデータ

ボクのおなぺっと×お嬢様のアソコのレビューまとめ

1分でわかるボクのおなぺっと×お嬢様のアソコ

▼くわしいレビュー記事はこちら

ボクのおなぺっと×最高級のお嬢様ポテンシャル

ボクのおなぺっと×最高級のお嬢様ポテンシャルの中身

ホッパコラボで唯一廃盤になってないやつ。

廃盤になってないどころか売れ筋の人気ホール

ボクのおなぺっと×最高級のお嬢様ポテンシャルの内部ギミック

これを買うならシンプルに元の「最高級のお嬢様ポテンシャル」を買ったほうがいい。

こっちのほうが安いけど、その分気持ちよさも落ちる。

tinko

これ買ってまで嬢ポテにこだわらなくてもよくない?って思っちゃう
ボクのおなぺっと×最高級のお嬢様ポテンシャルの中身
ボクのおなぺっと×最高級のお嬢様ポテンシャル
メイト×ホットパワーズ 2000円前後
おすすめ度★★★☆☆

オススメ

オナホデータ

ボクのおなぺっと×最高級のお嬢様ポテンシャルのレビューまとめ

1分でわかるボクのおなぺっと×最高級のお嬢様ポテンシャル

▼くわしいレビュー記事はこちら

結局、安さこそが至高

いかがでしたか?

結局「ボクのおなぺっと」とは、安さ

安くて気持ちいいからこそのスゴさ。

値上げした中型ホールもあるけど、わりと駄作がおおい

とりあえずたくさんあるボクおなで一番のオススメはボクのおなぺっと×リグレちゃん

ぼくのおなぺっとリグレちゃんの中身
ぼくのおなぺっとリグレちゃん
メイト×リグレジャパン 1000円前後
おすすめ度★★★★★

オススメ

定番の横ヒダをのこしつつ、リングパールによるクポクポ感。

tinko

これぞ「お値段以上」

デカチンさんはボクのおなぺっと2ぐれいと

定番のゾリヒダをのこしつつ、飽きないようにいろんなギミックも追加。

横ヒダギミックといったら、いまオナホ界でトップを走ってるのが「ヴァージループ」シリーズ。

ヴァージンループの横ヒダたち

ボクおなより高いけど、値段は1000円台と低価格帯。

しかも値段に見合わない気持ちよさからAmazonの年間売上ランキングはここ数年1位。

tinko

1000円ちょい出せるならヴァージンループも視野に入れよう

これ以外にも気になるオナホールがあるならぜひ当サイト「オナ王」でお探しください。