【オナホレビュー】ロリCQのどこが「キツキツ膣圧」なんだろう、、?

2019年6月12日

ロリCQを徹底レビュー

どうも、うすのろです。

今回レビューするのは『ロリCQ』というオナホール。

 

タイトルの煽りにある【キツキツ膣圧】。

先に言っときます。

 

そんなものはないよ。

 

ということでこの記事では

  • ロリCQってどんなオナホール?
  • ロリCQを実際に使ってみた使用感、感想
  • ロリCQに向いていないタイプ
  • ロリCQの評判、口コミ

について書いていきます。

 

ロリCQってどんなオナホール?

ロリCQのパッケージ

『ロリCQ』とは、2014年に「RIDE JAPAN」から発売された、CQシリーズ第三弾のオナホールです。

CQ。
つまり子宮。

RIDE JAPANは子宮系オナホールのことをCQって呼んでるんですね。

第一弾は「ナースのCQ挿入感」と大人の女性、第二弾は「CQロール」と女子高生。

そして第三弾の『ロリCQ』は女子小学生のイメージ。

どんどん犯罪臭をただよわせてきてます。

小さい子が好きすぎて間違いを犯してしまいそうな人はこの『ロリCQ』で我慢してみてはどうでしょう?

 

ロリCQの構造

ロリCQというオナホール

全長153mm、幅64mm、重さは326g。

ちょっと細身なオナホールです。

 

さわり心地はモチモチ

揉んでるだけでも気持ちいいやわらかさです。

ロリCQのやわらかさ

ちょうどいいデローン加減。

 

これは「バンジータッチ」という、モチっとしたやわらかさを持った素材です。

「ヴァージンループ」と同じ素材で、揉んだら肌に張り付くようにピトッとする。

においもなし。
べたつきは多少あるんですけど、油が残る感じはしないですね。

だからピトッて張り付いてもそこまでイヤな気がしないのかも。

ロリCQの入口

入口はこんな感じ。
なかなかの狭さです。

 

ロリCQの内部構造

ロリCQの内部構造

内部長は125mm。

 

内部構造は「CQ構造」

要するに、子宮口をイメージして作られた構造です。

 

内部は全体的に狭め。

タイトルに「ロリ」、うたい文句に【キツキツ膣圧】と言っているだけありますね。

 

注目すべきポイントは奥のCQギミック。

ロリCQの子宮口

子宮口が丘のようにモコっと膨らんでます。

これは子宮感が存分に感じられそうですね。

 

ほかにも入口に大きめなイボ突起がひとつ。

中間の狭い通路にはうっすらと螺旋状のヒダ。

そして奥の子宮口まわりに中くらいのイボイボ。

CQ以外にもいろいろなギミックが組み込まれてます。

 

モチモチかつキツキツ、そしていろいろな刺激を与えてから最後に子宮口でクポっと吸わせるといった感じですね、『ロリCQ』。

ではさっそく使っていきたいと思います。

POINT・素材のモチモチ感はどうか?
ギミックの使用感はどんな感じか?
・奥のCQギミックは気持ちいいのか?

 

ロリCQを実際に使ってみた

ロリCQの中身

 

クポッ。

 

CQ感がすごい。

子宮じゃなくてCQ感。

ホンモノの子宮とは全く違うんだけど、子宮感がある。

むしろ本物より子宮してる。

 

やっぱ人よりオナホだな。

 

ロリCQを実際に使ってみた使用感、感想

子宮感がものすごかったです。

 

素材はやわらかいんですけど、それでも子宮感が霞むことはなかった。

むしろやわらかいからこそいい具合にクポクポできたのかも。

ハード素材なら痛いでしょうからね。

 

まったり系でみたら★★★★☆。
高刺激系でみたら★★☆☆☆。

 

では詳しく見ていきましょう。

 

内部の狭さを感じさせないやわらかさ

この『ロリCQ』のうたい文句は【キツキツ膣圧】です。

 

ぜんぜんキツくない。

 

構造自体は狭く作られてるんですが、なんせ素材がやわらかい。

バキュームを効かせてもムニューっと肉壁がまとわりつくだけでキツキツという感じではない。

 

でも入口は狭いです。

ちゃんと勃起させないと挿入できないらいの狭さ。

そのせいか、ノズル式じゃないとローションが入れにくいという欠点も、、

Right Caption

うすのろ

狭いおかげでローション漏れしにくいっていうメリットもあるけどね

内部ギミックのほとんどは機能してない

入口に大きめなイボ突起、通路は螺旋ヒダ、奥にはイボイボ。

いろんなギミックが組み込まれてます。

 

まったくわからない。

 

モチモチした肉壁にムニューっと挟まれ、ただそこを擦るだけ。

表面の感触はツルツル、あのギミックたちはどこにいったのやら、、

いい風に言ったら心地のいいまったり系の刺激なんですけどね。

これはもう好みの問題です。

 

子宮感強すぎ問題

この『ロリCQ』の目玉である奥の子宮ギミック。

すっごい子宮感あります。

子宮口の肉厚感。

肉厚なおかげで挿入するときのニュル感が心地いい。

出し入れしてると音が聞こえるくらいクポクポします。

 

でも子宮内になにもないです。

ちょっと広くて何もないので、バキューム効かせても「別に、、」って感じ。

なので子宮口でクポクポさせることがこの『ロリCQ』の醍醐味になりますね。

亀頭の先、尿道周りをクポクポと刺激させるのがメインなオナホールです。

Right Caption

うすのろ

割と手前に配置されてるからムスコが小さくてもCQを味わえると思うよ

 

ロリCQのサイズ感

ロリCQのサイズ感

Sサイズ…竿の長さ11.5cm 太さ2.4~3.2cm 全体の長さ16cm
Mサイズ…竿の長さ14.6cm 太さ3~3.9cm 全体の長さ18.5cm
Lサイズ… 竿の長さ16.3cm 太さ3.4~4.1cm 全体の長さ20.5cm

Sサイズはすっぽり埋まります。
押し込めば奥まで突けるので問題なし。

Mサイズはちょい余り。
Sサイズと同じく、押し込めば根元まで埋まるのでオススメです。

Lサイズは完全に余ります。
伸びる素材なので、押し込めば根本まで届くだろうけど裂ける可能性があるのでやめておきましょう。

 

ロリCQをおすすめできない人

ロリCQをオススメできない人

ホンモノの子宮より子宮感がすごい『ロリCQ』ですが、もしかしたら合わない人がいるかもしれません。

具体的には、

  • 亀頭があまり感じない人
  • ハードな刺激を求めている人
  • いろいろな刺激を求めている人

は合わないかもしれません。

 

この『ロリCQ』。

ぶっちゃけ亀頭への刺激以外に目立つものはないです。

なので亀頭責め好きにはオススメですが、亀頭責めが苦手な人にはおすすめできません。

CQ手前までのショートストロークすればいいっちゃいいんですけど、それならほかのオナホール買った方がいいですからね。

 

また、ハードな刺激を求めている人。

絶対にやめておきましょう。

ストロークしてても硬さというものをを一切感じない。

奥の子宮口も狭いとはいえ、やわらかいですしね。

 

最後にいろいろな刺激を求めている人。

この『ロリCQ』は奥の子宮口以外はすべて滑らかな感じの刺激です。

ストロークしてても刺激が一緒。

ということで、刺激が単調なのでわりと飽きやすいオナホールなんですよね。

なのでいろんな刺激がごちゃまぜされてる遊園地的なオナホールを求めている人はほかのオナホールを買った方がいいかも。

 

 

うすのろ的評価★★★☆☆

いかがでしたか?

この『ロリCQ』は、

まったり系★★★★☆
高刺激系★★☆☆☆
総合評価★★★☆☆

という感じですね。

まとめると、

  • 亀頭好きな人
  • まったり刺激が好きな人
  • 子宮系オナホールを探している人

にオススメです。

逆に、

  • 亀頭があまり感じない人
  • ハードな刺激を求めている人
  • いろいろな刺激を求めている人

はオススメしません。

別のオナホールを探しましょう。

 

値段 2592円→1500円前後
重量 326g
サイズ 153×64mm(全長×幅)
内部直径 125mm
メーカー RIDE JAPAN
素材 バンジータッチ(やわらかいモチモチ素材)
におい なし