【つるぺたガール研究所】中がキツキツ!っていうかサイズ小さくない?【亀頭責め】

2019年4月22日

つるぺたガール研究所を徹底レビュー

どうも、うすのろです。

今回レビューするオナホオールはこちら布袋駅前 つるぺたガール研究所

 

ずっと売れてるオナホール。

ぼくが働いてるアダルトショップでもずっと売れ続けます。

 

だからと言ってすぐ購入を決めるのは待った方がいいです。

このオナホール、売れ続けてる割に意外と万人受けではないってご存知ですか?

 

この『つるぺたガール研究所』、亀頭責め好き専用のオナホールですよ。

 

ということでこの記事では、

  • つるぺたガール研究所ってどんなオナホール?
  • つるぺたガール研究所を実際に使ってみた使用感、感想
  • つるぺたガール研究所を買わないほうがいいタイプ
  • つるぺたガール研究所の評判、口コミ

について書いていきます。

 

 

 

つるぺたガール研究所ってどんなオナホール?

つるぺたガール研究所のパッケージ

『こちら布袋駅前 つるぺたガール研究所』とは、2012年に「EXE」から発売された、今やメーカーの顔ともいえるオナホールです。

パッケージの女の子、「柊アリステル」ちゃんというらしいですね、ロリロリでかわいい。
タイトル的にこち亀の両さんを想像しちゃってた分、かわいい。

 

しかも、ただ女の子がかわいいだけじゃありません。

2016年くらいからAmazonの年間オナホールランキングに登場し始め、2018年でもいまだにランクイン。

確かな人気を持ったオナホールです。

 

でも問題はその実力。

使っててどれだけ気持ちいいかが重要。

詳しく見ていきましょう。

 

つるぺたガール研究所の構造

つるぺたガール研究所というオナホール

全長120mm、幅50mm、重さ250g。

小さめなオナホールですね。

 

さわり心地は実が詰まった感じのモチモチ

やわらかいっちゃやわらかいけど押し込んだら跳ね返される感じです。

つるぺたガール研究所のやわらかさ

けっこうデローンとしてるけどそこまでやわらかくないですよ?

 

ポイントは「ぷに腹ボディ」ことミニトルソー型。

お尻から胸のあたりまでの胴体を再現した形状になってます。

お尻やおへそどころか乳首までありますからね。

背中を反ったアーチ状になってるのは気になるところ。

Right Caption

うすのろ

うまくストロークできるのかな?

また、べたつきはありませんがにおいは多少あります

鼻を近づけたら気になる程度ですけどね。

つるぺたガール研究所の入口

入口はこんな感じ。
さすが幼女、狭すぎ、、

 

つるぺたガール研究所の内部構造

つるぺたガール研究所の内部構造

内部長110mm。

 

つくりは「二層構造」

外部と内部で2つの異なる素材を使っています。

 

内部構造は「無次元加工」

内部のギミックを複雑にすることで肉を掻き分ける感覚を楽しめるオナホール

この『つるぺたガール研究所』は基本的にはイボ系ですね。

 

ポイントはなんといっても入口の狭さ

信じられないくらい狭い。

 

また、真ん中ら辺の侵入を阻むかのような大きい突起。

背中のアーチの部分にあるし、ここは本当にキツキツ。

 

小さいボディで内部もキツキツという感じですね、『つるぺたガール研究所』。

ではさっそく使っていきましょう。

POINT・素材のやわらかさはどうか?
・入口は狭すぎないか?
内部構造は気持ちいいか?

 

つるぺたガール研究所を実際に使ってみた

つるぺたガール研究所の中身

 

せまい。

 

本当に「柊アリステル」ちゃんとエッチしてる感覚。

これは幼女。

幼女の中ってこんな感じなんですね。

うーん、、

 

ちょっと痛いかな。

 

つるぺたガール研究所の使用感、感想

キツキツです。

本当にきつい。

細チンなぼくでもきついと感じるオナホールがあったんですね。

 

あとやっぱり気になるサイズの小ささ

どっちかっていうと亀頭責めに特化したオナホールなんでしょうね。

それなら内部のギミックも納得できます。

 

まったり系としてみたら★★☆☆☆。
高刺激系としてみたら★★☆☆☆。

 

では詳しく見ていきましょう。

 

ちょっと硬く感じる気が、、?

ちょっと硬く感じますね。

中の中の上。

本当にほんのちょっとだけ硬く感じる。

ソフトともハードとも言えない、微妙なやわらかさです。

Right Caption

うすのろ

「このなんともいえないやわらかさこそが未発達な幼女の身体なんだよ」言われたら妙に納得できる自分がいる。

 

勃起させてからじゃないと挿入できない

入口の狭さえぐい。

フル勃起させてからじゃないと挿入できないです。

ここがちょっと面倒。

途中で萎えて抜けたりしたらまたフル勃起させる必要がありますからね。

 

でも狭い分、挿入感はいい。

バキュームいらずの狭さです。

でもここまで狭いとすぐ裂けないかちょっと心配に、、

 

キツキツでちょっと痛い

挿入した第一印象は、まず狭い。

キッツキツ。

 

あと背中ら辺の一番狭いところにある突起。

これキツさ通り越して痛いです。

引き戻すときにカリに引っかかる。

亀頭責め好きにはたまらないんでしょうね。

少なくとも僕は痛いと感じてしまいました。

 

イボなどほかのギミックは意識すれば感じる程度でくっきりとした刺激ではない。

あくまで狭さで亀頭をキュッキュと刺激する系のオナホールでした。

 

つるぺたガール研究所のサイズ感

つるぺたガール研究所サイズ感

Sサイズ…竿の長さ11.5cm 太さ2.4~3.2cm 全体の長さ16cm
Mサイズ…竿の長さ14.6cm 太さ3~3.9cm 全体の長さ18.5cm
Lサイズ… 竿の長さ16.3cm 太さ3.4~4.1cm 全体の長さ20.5cm

Sサイズはちょうど。
文句なしにオススメです。

Mサイズは余ります。
引っ張っても根本まで届きません。
亀頭責め用以外の人にはおすすめしません。

Lサイズも余る。
確実に買っちゃいけない余り具合。

 

つるぺたガール研究所をおすすめできない人

つるぺたガール研究所をおすすめできない人

幼女を再現したような狭さの『つるぺたガール研究所』ですが、もしかしたら合わない人がいるかもしれません。

具体的には、

  • ムスコが大きい人
  • 耐久性が心配な人
  • カリ首が敏感な人

は合わないかもしれません。

 

この『つるぺたガール研究所』はボディも小さい、入口も狭い、内部も狭い。

ということでムスコが大きい人には向いてません

太かったら挿入しづらい、無理に挿入しても入口が裂けそう。

しかも底が薄いので奥まで突いたら突き破っちゃうかも、、

 

また、耐久性にも難ありです。

二層構造なので普通のオナホールより壊れやすいというのと、入口が狭い。

裏返し洗いを繰り返したらすぐに裂けちゃいそう。

使ってても中の素材がボロボロ剥がれたりするのでそこも注意。

Right Caption

うすのろ

長時間オナニーする系のオナホールじゃないもかもね

 

最後にカリ首が苦手な人。

この『つるぺたガール研究所』はカリ首を刈り取ってきます。

敏感な人が使うと「痛っ」ってなる可能性があるので注意しましょう。

「痛っ」ってなってムスコが萎える

入口が狭いからちゃんと勃つまで挿入できない

挿入したら「痛っ」ってなってムスコが萎える

という悪循環のループに入っちゃいますよ。

Right Caption

うすのろ

俺はなった。

 

うすのろ的評価★☆☆☆☆

いかがでしたか?

 

この『つるぺたガール研究所』は、

まったり度★★☆☆☆
高刺激度★★☆☆☆
総合評価★☆☆☆☆

という感じです。

少なくとも、カリ首が痛いと感じたぼくには合いませんでしたね。

まとめると、

  • ムスコが小さい人
  • 亀頭責めが好きな人
  • キツキツなオナホールを求めている人

にオススメ。

逆に、

  • ムスコが大きい人
  • 耐久性が心配な人
  • カリ首が敏感な人

はオススメできません。

他のオナホールを探しましょう。

値段 3066円→1200~2000円台前半
重量 250g
サイズ 120×50mm(全長×幅)
内部直径 110mm
メーカー EXE
素材 実が詰まったようなモチモチ素材
におい あり