【A10ピストンSA】2020年現在、「最高クラス」のピストン系電動ホール

2020年9月14日

A10ピストンSA徹底レビュー

今回レビューする電動ホールはA10ピストンSA

値段は39800円。

「誰が買うねん、、」

という値段だけど、通販サイトを覗いたらいつも在庫切れの超人気商品

tinko

この値段でもみんな買うんよね

それもそのはず。

A10ピストンSA』はあらゆるピストン系電動ホールのなかでもトップクラスの完成度

電動オナホール好きとしては何としても手に入れたい傑作。

でも人気の理由はそれだけじゃない。

アダルトVRと連動できるのがヤバい。

簡単なまとめ

  1. ピストン系の魅力は疑似セックス感
  2. 数百通りのピストン運動パターンがある
  3. エロVRとも連動可能だから、よりリアルなセックス感を楽しめる!

買わないほうがいい人

  • ハンドオナニー派
  • 実家暮らし
  • VRには興味がない

当てはまったら「A10ピストンSAをおすすめできない人」へ!

A10ピストンSAをおすすめできる3つのポイント

A10ピストンSAのサイズ感

この『A10ピストンSA』の値段は39800円前後

A10ピストンSAの値段

さすがに高い。

『A10ピストンSA』は「ほんとうに欲しい人」以外は買っちゃダメ

かならず後悔する。

tinko

オナホールを使ったことない人は絶対買っちゃダメだよ

初心者はこちら:【現役アダルトショップ店員が教える!】オナホールの選び方完全解説マニュアル!【おすすめホール13選付き】

この記事は

「気になってるけど買うかどうか迷ってる」

という人に向けてのアドバイス。

具体的には、

  • ピストン系電動ホールが気になる
  • いま持ってるピストン系の上位互換が欲しい
  • よりリアルな疑似セックスを体験したい

これらに当てはまったら買っても後悔はしない。

くわしく書いていきます。

現状、これ以上のピストン系は存在していない

ボクは元アダルトショップ店員。

たくさんのピストン系電動ホールをお店で見てきたし、実際に試してきました。

いろいろ見てきたけど、この『A10ピストンSA』以上にハイクオリティなものは見たことがない

tinko

逆に低クオリティのものはたくさん見てきたよ

ピストン系はたいてい高速運動が安定しています。

けど低速になると動きがぎこちなかったりゴキゴキとレールの音がしがち

でもこの『A10ピストンSA』は構造を変えることでその問題を解決。

このおかげで「人工的な動き」から「滑らかな動き」に!

低速でも滑らかな動きをしてくれるから、まったりじっくりと「焦らしプレイ」のように射精感を高められます。

A10ピストンSAの低速
GIFだから読み込みに時間かかるかも
tinko

わかる人はわかるはずだけど、低速が安定してるってホントに大事なのよ

刺激パターンが豊富で飽きない

この『A10ピストンSA』は、

  • 7段階の速度調整
  • 7つのピストンパターン
  • 11個の専用インナーカップ

と、全539種類の刺激パターンが。

tinko

こんなにたくさんインナーホールがあるピストン系はこれだけ

最初から専用ホールが同梱してあるから、最低でも49パターンのピストン運動を楽しめます。

シンプルなピストン運動もあれば、

A10ピストンSAの高速
GIFだから読み込みに時間かかるかも

変則的なピストン運動も。

A10ピストンSAの変則的な動き
GIFだから読み込みに時間かかるかも

tinko

こんだけあれば飽きるわけがない

しかもじつは専用ホール以外のオナホールでも代用できるというウラ技が。

界隈で有名なのが「まだ名前がありません」。

どの専用ホールよりもキツキツ。

まだ名前がありませんもA10ピストンSAに装着可能

公式では539種類だけど、裏ワザをつかうと刺激が無限にひろがる

アダルトVRと連動できるリアルセックス体験

まるで他人にしごかれてるかのよう。

「疑似セックス感」を味わえるのが電動ホールの魅力です。

この『A10ピストンSA』は実際のアダルト動画と連動可能

アダルトフェスタとVR連動
アダルトフェスタ公式サイトより

女優の動きに合わせてピストンしてくれるから、いままでの電動ホール以上にリアルな「疑似セックス」を楽しめる

いま日本のアダルト動画と連動できる電動ホールは、

  • A10ピストンSA
  • A10サイクロンSA+
  • ROCKET+1D
  • シンクロ

この4つだけ。

この中でもピストン系は『A10ピストンSA』のみ。

正常位や騎乗位はもちろん。

チロチロ舐めのフェラもイカせるときの高速フェラまで、女の子の動きを完全再現してくれます。

A10ピストンSAはアダルトVRと連動可能
GIFだから読み込みに時間かかるかも
tinko

なかに突っ込んで電源ONにすればもうセックスやぞ

A10ピストンSAを買わないほうがいい人

A10ピストンSAをおすすめできない人

ピストン系電動ホールではぶっちぎりで最高峰クオリティな『A10ピストンSA』。

とはいえ、やっぱり人には向き不向きがあります。

具体的には、

  • ハンドオナニー派
  • 実家暮らし
  • VRオナニーに興味がない

は買わないほうがいい。

総重量2.3キロという重さ

この『A10ピストンSA』は総重量2340g。

あきらかに重すぎる

自動で動く電動ホール。

ただ持って支えてるだけでいい。

それをふまえた上で、重いことは重い。

A10ピストンSAは重い

同メーカー「A10サイクロンSA+」にくらべてもデカいし重い。

A10ピストンSAとA10サイクロンSA+
 tinko

サイクロンのほうは1.2kgだからね。1キロ以上重くなってる

アダルトVRと連動させるなら問題はない。

女の子の動きに合わせてピストン運動が変わるから、支えてるだけで動きは変化してくれる。

でも連動させないなら手動でボタンをポチポチしなきゃいけない

そうなってくるとこの重さと大きさは相当ネック

固定して楽しむ方法も!

「重いしデカいし使いづらい!」でおなじみの電動ホール。電動ホール愛用者たちは固定具を使ってる場合が多いです。ベルトやモニターアームをつかって固定グッズを自作している人もいれば、スタンドベーシックみたいな専用固定グッズをつかってる人も。

スタンドベーシック

「重いのはイヤだけど電動ホールはほしい!」という人は固定グッズを活用して自動ピストンを楽しもう。
関連記事:【セックスの練習】腰振りオナニーにつかえるオナホール固定方法5選+2

静かだけど、うるさい

この『A10ピストンSA』。

ピストン系電動ホールのなかでは静かなほう。

それをふまえた上で、やっぱりまだ音はする

1~4段階目くらいまでの速度ならエアコン並み。

けどマックス速度にしたらさすがにうるさい

A10ピストンSAの音測定
測音器で測ってみる

ちなみに電動ひげそりも測ってみた。

髭剃りも測定してみる
電動髭剃りの音
tinko

ほぼ一緒。これならイメージしやすいね

VRと連動しなきゃ意味がない

VRと連動オナニーをする気がないのなら、買わないほうがいい。

1か月もしたらかならず飽きるから。

『A10ピストンSA』はアダルトVRと連動できてはじめて完成品

tinko

(あくまでも個人的な意見です)

A10サイクロンSA+はVRと連動させないとしてもおすすめできます。

A10サイクロンSA+の回転
GIFだから読み込みに時間かかるかも

なぜなら手動では再現しづらい回転ギミックだから。

▼くわしいレビュー記事はこちら

『A10ピストンSA』は、ピストン運動。

回転ギミックとちがって手動で簡単にその動きを再現できちゃう

A10ピストンSAの高速
GIFだから読み込みに時間かかるかも
tinko

これ言っちゃったら元も子もないんだけどね、、

「勝手に動いてくれる!」という非日常体験はたしかに魅力的。

けどそれだけのために4万円も出す価値があるかと聞かれたら、首を縦に振れない。

「自動で動く」ではなく、「女の子の動きと連動する」というレベルになってようやく4万円を出す価値がうまれてくる

A10ピストンSAの使い方

A10ピストンSAの中身
価格85800円39800円
発売年2018年
メーカーVORZE
サイズ362×170mm(全長×幅)
重さ2340g
駆動時間120分(最高速時)
充電時間5時間
静音性電動ひげそり=A10ピストンSA

ここからは『A10ピストンSA』のおおまかな使い方を書いていきます。

こまかい使い方は同封されている取扱説明書や公式サイトがあるので大丈夫。

セッティング

A10ピストンSAの準備方法

  1. キャップを外す
  2. 中の筒を抜く
  3. 筒にインナーホールをハメる
  4. 筒を中に戻す
  5. フタをする
  6. 起動

A10ピストンSA
最初の状態
A10ピストンSAに装着直前
あとはフタを戻して完了

準備が完了したら起動しましょう。

A10ピストンSAを起動する
GIFだから読み込みに時間かかるかも
tinko

ワクワクするで!

使い方

使い方は簡単。

A10ピストンSAのボタン

ボタンをポチポチするだけ。

これが一段階目のスピード。

A10ピストンSAの最低速
GIFだから読み込みに時間かかるかも

これが最高速。

A10ピストンSAの最高速
GIFだから読み込みに時間かかるかも
tinko

し〇けんのスピードよこれ

変則的な動きも可能。

A10ピストンSAの変則的な動き
GIFだから読み込みに時間かかるかも

この豊富なピストンパターンだけでもすごいのに、『A10ピストンSA』はさらにすごいところが、、

アダルトVRと連動させる方法

『A10ピストンSA』の一番すごいところは、+1D対応のアダルトVRと連動できるということ。

+1Dとは

DVDや映像ファイルを再生するだけで周辺機器やグッズと連動させる技術。2D/3D問わず連動(1D)を付加(+)させるから「+1D」。
これならAV女優がフェラチオや騎乗位で腰を動かしてくれてるときの動きを+1D対応機器と連動できる

連動させる方法は簡単。

  1. アダルトフェスタ」に会員登録
  2. Dimention player」のアプリをダウンロード
  3. A10ピストンSAを起動

これだけ。

たったこれだけであのAV女優たちとのリアルセックスを楽しめます。

ちなみにアダルトフェスタは動画単品じゃなくて見放題に登録したほうがいい

アダルトフェスタ
毎週新作が追加される!

VRの技術はまだまだ発展途上。

動画によってはあきらかなハズレがある。

女優が手を抜いてるとかじゃなく、変な画角やカメラ酔いするような撮影技術面でのハズレ。

単品購入で失敗するより最初から見放題に加入しておいたほうが後悔せずにすむ

tinko

「小人化」「巨人化」って蔑称もあるほどだからね

A10ピストンSAはアダルトVRと連動可能
GIFだから読み込みに時間かかるかも

新作VRが1本1000~1500円のところ、見放題は月額2980円でVRだけじゃなく2D作品もたくさん見れるお得セット。

『A10サイクロンSA+』を買うならアダルトフェスタの見放題はマスト。

VRゴーグルはどれがオススメ?

VRゴーグルには

  • スマホ用(ゴーグルにスマホをハメる)
  • PC用(パソコンとBluetooth連動)
  • 一体型(インターネットが内蔵されてる)

の3種類があります。

いちばんのおすすめは一体型(スタンドアロン型)の「Oculus go」

oculus go

パソコンやスマホにつなぐ必要なし。

Wi-Fi環境があればこれひとつでVRの世界を楽しめます。

A10サイクロンSA+とOculus GO

2~5万くらいするけど、アダルト動画のほかにもゲームやVRチャットなどできることが盛りだくさん。

でも残念ながら「Oculus go」はもう製造中止

新型の「Oculus Quest」(5~9万)に力を入れるため、goモデルはもうつくらないようです。

tinko

Amazonとかメルカリでまだ売ってたらラッキー

「エロ目的でしか使わないのに9万円もだせないよ!」

という人はDPVR-4D(34800円)。

DPVR-4D
DPVR-4D2

アダルトフェスタも推奨してるヌキ用VRゴーグル。

ゲームもVRチャットも興味がないという人は「Oculus Quest」よりこっちのがお得

1万円も得するセール情報!

現在、アダルトフェスタで10月30日までの期間限定セール開催されています。
定価39800円の「DPVR-4D」がいまだけ29800円
さらに5作品6時間分のVR動画もいっしょについてくるから計1万円以上もお得に!

ついてくるVR動画の詳細はこちらをクリック

ちなみにVR BOX(1000円)などのスマホ型VRゴーグルはおすすめしません。

安いから「お試しでVRを体験してみたい!」という人はいい。

けど、長く使っていくにはいろいろと不便すぎる。

tinko

いちいち装着するのが面倒だし、ラインの通知とかが目障りなんだよね、、

疑似セックス感こそピストン系の醍醐味

いかがでしたか?

ピストン系電動ホールの醍醐味といえば「疑似セックス感」

ほんとうにセックスしてるかのような刺激を楽しめてこそ高いお金を出す価値が生まれる。

そういう意味ではアダルトVRと連動できるこの『A10ピストンSA』、ほかのピストン系とくらべて頭一つ抜きんでてる

アダルト動画と連動させる予定がない場合は、こっちじゃなくて「NLSピストン」がおすすめ。

『A10ピストンSA』のプロトタイプ。

動画連動機能をなくしただけで3万円も安くなるとかんがえたら割安。

▼くわしいレビュー記事はこちら

もしこの『A10ピストンSA』に関して質問や感想がありましたら、お手数ですがコメントください。

それ以外にも自分に合うオナホールを探したくなったら当サイト『オナ王』でお探しください。