【A10サイクロンSA+】回転式電動ホールのなかでトップクラスの出来栄え

2020年9月8日

A-10サイクロンSA+徹底レビュー

今回レビューするオナホールはA10エーテンサイクロンSA+エスエープラス

「電動ホールは男の夢」ということばを聞いたことありませんか?

電動ホールは買うまでのワクワクがすべて。

実際に使ってみたら肩透かしがおおいという話。

ボクも働いてたエロ屋でいろんな電動ホールを見てきたから、ユーザーたちがそう思ってしまうのもすごくよくわかる。

tinko

ぶっちゃけしょぼいやつのほうが多いしね

でも、この『A10サイクロンSA+』はちがう。

これにかんしては、夢のままでは終わらない

買っても後悔しない、ついに現れた実用性バツグンの電動ホール。

GIFだから読み込みに時間かかるかも

簡単なネタバレ

  • 全735パターンの豊富な回転ギミック
  • 上下は自分で動かせばできるという盲点
  • アダルトVRと連動できるから、リアルセックス体験ができる

おすすめできない人

  • 同居人がいる
  • 片手でオナニーがしたい

当てはまったら「A10 サイクロンSA+をおすすめできない人」へ!

A10サイクロンSA+をおすすめできる3つのポイント

A-10サイクロンSA+の中身

この『A10サイクロンSA+』の価格は20000円前後

けっして安い買いものではありません。

それでもおすすめできる理由としては、

  • 洗練された使い心地
  • 全735種類の刺激パターン
  • アダルトVRと連動できるリアルセックス体験

この3つ。

買ってすぐに使える使い勝手のよさ

いまあらゆる電動ホールのなかで圧倒的に一番人気である『A10サイクロンSA+』。

この『A10サイクロンSA+』は今作で3代目。

  1. 2009年「R1 A10サイクロン」
  2. 2014年「A10 サイクロンSA」
  3. 2018年『A10 サイクロンSA+』
A10サイクロンの歴史

9年かけていまだに進化し続けています。

tinko

初期型はまだ「男の夢」レベル

『A10サイクロンSA+』になるまでのおおきな変化といえば、

  • リモコンがなくなった
  • ホールが同梱されるようになった
  • 充電アダプターがコンセント→USB

初代「R1 A10サイクロン」は、本体とは別売りのリモコンもいっしょに買わないと動かないという初見殺し。

R1 A10サイクロンはリモコンが別売り

でも『A10サイクロンSA+』はコードレス、リモコンが内蔵された一体型。

A-10サイクロンSA+のボタン
ボタンがついてる!

ボタンをポチポチするのが面倒な人はVorzeのアプリをつかって動かせるという近未来っぷり。

tinko

ちなみにボクのiPhoneXRじゃ連動できなかった。androidユーザー向けなのかも

VORZE コントローラー
VORZE コントローラー
開発元:Rends Co.,Ltd.
無料
posted withアプリーチ

つぎにコスパの問題。

二代目「A10サイクロンSA」は、本体とはべつに専用インナーホール(2500円)もいっしょに買わなきゃいけなかった

けど『A10サイクロンSA+』は同価格でインナーホールがひとつ同梱されるように。

A-10サイクロンSA+専用ホールメデューサ
メデューサ

そして最後に充電アダプターの問題。

A10サイクロンSAとSA+の充電ケーブルの違い
左:SA+(今作) 右:SA(旧作)

コンセントじゃなくてUSBで充電

このおかげでパソコンにつないでの充電も可能に。

A10サイクロンSA+はパソコンで充電できる
tinko

エロ動画漁りしながら充電できるぞ

まとめると、『A10サイクロンSA+』ひとつ買えばすぐオナニーできるようになった

全735種類の豊富すぎる回転パターン

この『A10サイクロンSA+』は回転式の電動ホール。

数ある回転式電動ホールのなかでもこの『A10サイクロンSA+』は、

  • 7つの回転パターン
  • 7つの回転強度
  • 15種類のインナーホール

全735種類と豊富すぎる回転パターン

最初からインナーホールがひとつ同梱されてるから、買ったら最低でも49種類の回転パターンを楽しめる。

ほかにも専用ホールが全15種類。

メデューサに飽きたらほかのインナーホールをポチポチ。

飽きそうになってもべつの味がある。

「A10サイクロンSA+」に飽きるというのはあり得ない

tinko

「回転だけかよ」って思うかもしれないけど、上下の動きは自分の手でできる。意外とこれ盲点

アダルトVRと連動できるリアルセックス体験

数ある電動ホールのなかでなぜこの『A10サイクロンSA+』が一番人気になれたのか?

それは他の追随をゆるさないハイスペックにくわえ、アダルト動画と連動できるからです。

アダルトフェスタとVR連動

いま日本のアダルト動画と連動できる電動ホールは、

  • A10サイクロンSA+
  • A10ピストンSA
  • ROCKET+1d
  • シンクロ

この4つだけ。

そのなかでも上3つは連動できる動画が豊富。

フェラや正常位はもちろん、騎乗位やバック。

最初のチロチロ舐めからイク前の激しいピストンまですごく正確に連動してくれるから本当にSEXしてる気分を味わえる

A10サイクロンSA+とVRが連動してる
GIFだから読み込みに時間かかるかも
tinko

本当に男優とおなじタイミングで射精させられる。させられた。

A10サイクロンSA+を買わないほうがいい人

A10サイクロンSA+をおすすめできない人

「電動ホールでおすすめは?」と聞かれたら100%自信をもって紹介できるのがこの『A10サイクロンSA+』。

でも人には向き不向きがあります。

この『A10サイクロンSA+』は、

  • 実家暮らし
  • 片手でオナニーしたい

という人には向きません。

音が出ないわけではない

この『A10サイクロンSA+』は、初代が発売されてから9年。

初期型からくらべてみればどんどん音が静かになっています。

それをふまえた上でも、やっぱりまだうるさい

A10サイクロンSA+の音を測定してみる

測音器でくらべてみると、

レベル1だと無音に近いけど、

A10サイクロンSA+のマックス回転させたときの音
強度レベルマックス

強度をマックスにしたらそれなりに音がする。

髭剃りも測定してみる

ちなみに電動髭剃りでも測ってみたら

電動髭剃りの音
tinko

髭剃りのほうがうるさいんかい

まとめると、ある程度の音はするけど電動ひげそりほどではない

「静寂な夜でも気兼ねなく」「図書館並みの静音性」というのは真っ赤なウソ

しっかり部屋中に「ウィーン、ウィーン」と機械音が響き渡るから、実家暮らしの人は買うのを控えたほうがいい

1.4kgという重量感

この『A10サイクロンSA+』は総重量1.4kg。

500mlのペットボトル約3本分です。

A10サイクロンSA+は重くて大きい

これじゃさすがに片手持ちでオナニーは不可能

右手でオナホール、左手で動画を早送り調整したい人には向かない

もしあなたがそういうオナニースタイルならエーテンサイクロンよりTENGA GYRO ROLLERのほうがおすすめ。

A10サイクロンSA+とテンガジャイロローラーのサイズの違い
ジャイロローラーの回転ギミック
片手で操作可能

片手で使えることを前提につくられた使いやすすぎるワンタッチ電動ホール。

▼くわしいレビュー記事はこちら

tinko

動画と連動させる人なら早送りする必要もないんだけどね

とはいえこの『A10サイクロンSA+』は、全自動。

わざわざ動かさなくても両手で支えてるだけで自然と気持ちよくなれる。

どうしても両手をフリーにしたい人は別売りの「スタンドベーシック」という専用固定具。

スタンドベーシック

手間はかかるけど両手がフリーになるから動画の再生位置調整がラクチン。

tinko

これセッティングした状態で部屋に友だち呼んだらウケ取れるぞ

A10サイクロンSA+の使い方

A-10サイクロンSA+の本体
価格42790円19800円
発売年2018年
メーカーVORZE
大きさ295×120mm(全長×幅)
重さ1400g
電動タイプ回転タイプ
駆動時間120分
充電時間330分
静音性電動髭剃り>A10サイクロン

ここからは『A10サイクロンSA+』のおおまかな使い方を書いていきます。

こまかい使い方は同封されている取扱説明書や公式サイトがあるので大丈夫。

セッティング

A10サイクロンSA+の準備方法

  1. キャップを外す
  2. 中の筒を抜く
  3. 筒にインナーホールをハメる
  4. 筒を中に戻す
  5. キャップをハメる
  6. 起動

A-10サイクロンSA+というオナホール
最初の状態

A-10サイクロンSA+のなかの筒
中の筒を
A10サイクロンの筒をパカッと開く
パカッと開く

これで本体に筒を戻せば、

A-10サイクロンSA+の準備完了

準備完了。

電源をつけましょう。

A10サイクロンSA+を起動したときの点滅
電源ONにしたときのランプ

使い方

使い方は簡単。

A10サイクロンSA+のボタンの意味

ボタンをポチポチするだけ。

これが1段階目の回転スピード。

A10サイクロンSA+の1段階目の回転スピード
GIFだから読み込みに時間かかるかも

マックスにしたらこんな感じ。

A10サイクロンSA+の回転
GIFだから読み込みに時間かかるかも

こういう風に変則的な動きも可能

A10サイクロンSA+の変則回転
GIFだから読み込みに時間かかるかも
tinko

こりゃあすげえぞぉ、、

この回転ギミックだけでもすごいのに、『A-10サイクロンSA+』はさらにすごいところが、、

アダルトVRと連動させる方法

A10サイクロンSA+とスマホを連動させた
連動が成功したら青ランプに

この『A10サイクロンSA+』の一番すごいところは、「アダルトフェスタ」の+1D対応のアダルトVRと連動できるということ。

+1Dとは

DVDや映像ファイルを再生するだけで周辺機器やグッズと連動させる技術。2D/3D問わず連動(1D)を付加(+)させるから「+1D」。
これならAV女優がフェラチオや騎乗位で腰を動かしてくれてるときの動きを+1D対応機器と連動できる

連動させる方法は簡単。

  1. アダルトフェスタ」に会員登録
  2. Dimention player」のアプリをダウンロード
  3. A10ピストンSAを起動

これだけ。

たったこれだけであのAV女優たちとのリアルセックスを楽しめます。

ちなみにアダルトフェスタは動画単品じゃなくて見放題に登録したほうがいい

アダルトフェスタ
毎週新作が追加される!

VRの技術はまだまだ発展途上。

動画によってはあきらかなハズレがある。

女優が手を抜いてるとかじゃなく、画角やらカメラ酔いするような撮影技術のハズレ。

単品購入で失敗するより最初から見放題に加入しておいたほうが後悔せずにすむ

tinko

「小人化」「巨人化」って蔑称もあるほどだからね

A10サイクロンSA+とVRが連動してる
GIFだから読み込みに時間かかるかも

新作VRが1本1000~1500円のところ、月額2980円払えばVRだけじゃなく2D作品もたくさん見れるお得セット。

『A10サイクロンSA+』を買うならアダルトフェスタの見放題はマスト。

VRゴーグルはどれがオススメ?

VRゴーグルには

  • スマホ用(ゴーグルにスマホをハメる)
  • PC用(パソコンとBluetooth連動)
  • 一体型(インターネット内蔵)

の3種類があります。

いちばんのおすすめは一体型(スタンドアロン型)の「Oculus go」

oculus go

パソコンやスマホにつなぐ必要なし。

Wi-Fi環境さえあればこれひとつでVRを楽しめます。

A10サイクロンSA+とOculus GO

2~5万くらいするけど、アダルト動画のほかにゲームやVRチャットなどできることが盛りだくさん。

でも残念ながら「Oculus go」はもう製造中止

新型の「Oculus Quest」(5~9万)に力を入れるため、goモデルはもうつくらないようです。

tinko

Amazonとかメルカリでまだ売ってたらラッキー

「エロ目的でしか使わないのに9万円もだせないよ!」

という人はDPVR-4D(34800円)。

DPVR-4D
DPVR-4D2

アダルトフェスタも推奨してるヌキ用VRゴーグル。

ゲームもVRチャットも興味がないという人は「Oculus Quest」よりこっちのがお得

1万円も得するセール情報!

現在、アダルトフェスタで12月1日までの期間限定セール開催されています。
定価39800円の「DPVR-4D」がいまだけ29800円
さらに5作品6時間分のVR動画もいっしょについてくるから計1万円以上もお得に!

ついてくるVR動画の詳細はこちらをクリック

ちなみにVR BOX(1000円)などのスマホ型VRゴーグルはおすすめしません。

安いから「お試しでVRを体験してみたい!」という人はいい。

けど、長く使っていくにはいろいろと不便すぎる。

tinko

いちいち装着するのが面倒だし、ラインの通知とかが目障りなんだよね、、

電動ホール最強はA10サイクロンSA+

いかがでしたか?

この『A10サイクロンSA+』の弱点は、

  • 重い
  • うるさい

この2点くらい。

「2万円は高い!」という意見もあるけど、

  • 高機能性
  • 専用ホールの多さ
  • アダルトVRと連動できる

というのを込みでかんがえたら2万はお得。

「回転だけじゃなくて上下の動きも欲しいな」と思ってたけど、いざ買ってみたら普通に自分で動かせばいいと気付ける。

どうしても自動で上下運動してほしいならA10ピストンSA

A10ピストンSA
A10ピストンSAはアダルトVRと連動可能
GIFだから読み込みに時間かかるかも

ピストンの動きが連動するヤバいやつ。

値段は4万円前後とサイクロンにくらべたら割高。

▼くわしいレビュー記事はこちら

もしこの『A10サイクロンSA+』に関して質問や感想がありましたら、お手数ですがコメントください。

それ以外にも自分に合うオナホールを探したくなったら当サイト『オナ王』でお探しください。