【Q-tai SCRUM・DANCE】抜けもしないし血圧も測れないダメなやつ

Q-tai SCRUM DANCE徹底レビュー

今回レビューするのは『Q-taiキュータイ』という電動ホール。

スタイリッシュな見た目で一目ぼれ。

SCRUM・DANCEと2種類が発売されていたので、「どっちがオススメかなー」と両方買ってみたらびっくり。

GIFだから読み込みに時間かかるかも

どっちがいいかじゃない。

どっちもダメだ

Q-taiのふたつ
Q-tai DANCE・SCRUM 
KISS ME LOVE 6000円前後

おすすめ度★☆☆☆☆

オススメ

Q-taiをおすすめできない理由

Q-taiをおすすめできない人

ボクが『Q-tai』をおすすめしない理由はシンプル。

抜けない。

オナホールとしてはもっとも重要な「気持ちよさ」が欠けてる

SCRUM・DANCE、共通して残念なのは内部口径がひろすぎるということ。

それぞれくわしく見ていきましょう。

Q-tai SCRUM【締め付け】

Q-tai SCRUMの中身

『Q-tai SCRUM』の特徴は、起動すると内部が圧迫してくるということ。

Q-tai SCRUMのモーション
GIFだから読み込みに時間かかるかも

「ギュッギュッ」と、まるで血圧計のようにムスコを圧迫してくるのが刺激のキモ。

焦らしてるつもりか、、?

「お?いい感じだな?」とおもった瞬間に、離れる。

基本ガバマン、たまに締め付け。

これで抜くのはキビしい。

Q-tai DANCE【ウネウネ】

Q-tai DANCEの中身

『Q-tai DANCE』の特徴は、電源をつけると突起たちが踊ってるかのようにモニョモニョ動き回ること。

Q-tai DANCEのモーション
GIFだから読み込みに時間かかるかも

見ればわかる、期待感のなさ。

どうやって射精すんねん

ほんとにただムスコの表面をモニョモニョうごめくだけ

これは本当にキビしい。

Q-taiとはどんなオナホール?

Q-taiのふたつ
価格10780円6000円前後
メーカーKISS ME LOVE
発売年2020年
大きさ135×135mm(全長×幅)
重さ530g
電動タイプ振動系
駆動時間55分
充電時間120分
Q-tai DANCEのサイズ感
Q-taiのサイズ感

この『Q-tai』のポイントは、

  • スタイリッシュな見た目
  • 電動ホールではめずらしい貫通式
  • 3段階の振動+7種類のリズム=全10種類の刺激体験

この3つ。

使い方といっしょにくわしく見ていきましょう。

Q-taiの使い方

Q-tai DANCEの本体
最初の状態
フタは磁石でくっつく
フタは磁石でくっつく

Q-taiのボタンの使いかた
ボタンの機能

ボタンをおせば動きだす。

Q-taiの電源ON
電源ON
GIFだから読み込みに時間かかるかも

tinko

ほんとオシャレだよなー

tinko的評価★☆☆☆☆

いかがでしたか?

個人的にはマジでおすすめしない

というより「できない」この電動ホール。

tinko

カッコいいからって買ったボクがバカだった、、

スタイリッシュでオナホールに見えないオナホールがほしいならコレよりTENGA FLIP0 EVがおすすめ。

電動テンガホワイトのパッケージ
TENGA FLIP0 EVの画像まとめ

振動系電動ホールのなかでは最高クオリティ。

これ知っちゃったらほかの振動系には戻れないマジで気持ちいいやつ。

▼くわしいレビュー記事はこちら

もしこの『Q-tai』に関して質問や感想がありましたら、お手数ですがコメントください。

それ以外にも自分に合うオナホールを探したくなったら当サイト『オナ王』でお探しください。