【テンガディープスロートカップ】を分解しつつ徹底比較してみた【どれがおすすめ?】

2019年9月18日

【どれがおすすめ?】TENGAディープスロートカップの比較と分析してみた

どうも、tinkoです。

今回レビューするオナホールは、TENGA ディープスロートカップ

 

オナホールをはじめて買うとき、まず思い浮かべるのがこのテンガカップ。

有名になりすぎてもはや「オナホールとTENGAのちがいってなに?」という人も現れるほど。

tinko

テレビでも普通にテンガっていう言葉聞くもんな

ぼんやりとオナホールを買いたい人はつい手を出しがちな『TENGA ディープスロートカップ』。

使い捨てで気軽に使えるから、初心者にはピッタリ。

では、オナホ中級者からしてもこの『TENGA ディープスロートカップ』は気持ちいいのか?

 

オナホールを100本以上使ったことあるぼくが、いま改めて試してみました。

先に結論を言うと、

 

ぶっちゃけそこまで気持ちよくはなかった。

 

ということでこの記事では、

  • おすすめのディープスロートカップ
  • TENGA ディープスロートカップとは?
  • ディープスロートカップ3種類を使ってみた体験談レビュー

について書いていきます。

おすすめのディープスロートカップ

結局一番のおすすめは『TENGAディープスロートカップ』

テンガディープスロートカップ

一番スタンダードで有名なテンガカップ。

 

結局これ。

カップホールといったら大事なのは手軽さ。

その点、この赤いやつは一番安いし、下準備なしで買ったらすぐ使える。

tinko

普通は別途ローション買ったり手入れ用にパウダーが必要だからね
テンガディープスロートカップ
TENGA ディープスロートカップ
TENGA 650円前後

オススメ

 

オナホールをまだ使ったことないならソフトカップ

テンガディープスロートカップソフト

もしオナホール自体使うのが初めてなら、『TENGAディープスロートカップソフト』もおすすめ。

オナホールを初めて使うとき、刺激が新感覚過ぎてビックリしがち。

もし自分が刺激に敏感だなと思っていたら、まずは赤いやつじゃなくて白いやつを買うべき。

tinko

ハードは無理な人は無理だけど、ソフトはだれが使っても気持ちいいからね
テンガディープスロートカップソフト
TENGA ディープスロートカップ
ソフト

TENGA 800円前後

オススメ

 

テンガディープスロートカップとは?

TENGAディープスロートカップ

『TENGAディープスロートカップ』とは、2005年に
TENGA」から発売されたオナカップです。

全長155mm、幅66mm、重さ130g。

めっちゃ軽いオナカップ。

 

いままで卑猥な形状が普通だったオナホール界で、あえてオシャレなデザインに。

当時5000本売れればヒットといわれた時代に、予約だけで5万、一年で100万本の売り上げ。

いまでは射精障害治療や老人ホームなど医療の現場にも使われるように。

 

あらゆるオナホール界の常識をぶち破ってきたTENGAのアイコン的製品。

それがこの『TENGAディープスロートカップ』

tinko

おれケンコバでTENGAの存在知った

 

使い方

使い方はいたって簡単。

ふたを開けて穴に挿入、使い終わったらそのまま捨てるだけ。

tinko

これ使い捨てなんよね

ディープスロートカップのフィルム

底の部分をミシン目に沿って剥がす。

ディープスロートカップのフィルムを剥がす

剥がしたらパカッとふたを開けれます。

ディープスロートカップを開ける

もともと内部にローションが浸透してるから、そのまますぐオナニーできる。

ディープスロートカップの挿入口

ローションべったり。

挿入口はちょっと狭め。

 

このディープスロートカップのすごいところは、圧倒的バキューム力

ディープスロートカップのシール

頭にあるこのシールを剥がすと、

ディープスロートカップのバキューム穴

穴が登場。

この穴を指で押さえてストロークするとキューっと内部のゲルがムスコにピタッと密着してくる。

tinko

穴を押さえたままだと密着しすぎてもはや動かせない

 

捨て方

まず大事なのは、テンガのオナカップは基本的にプラスチック製品に分類されるということ。

でも、地域によっては可燃ごみになったり不燃ごみにもなる。

Q、カップシリーズはどのように処分したらいいですか?

A、カップシリーズに使用されている部品は「プラスチック製品」に分類されますが、各自治体により「可燃」「不燃」「プラ容器」等、分別方法が異なります。
詳しくはお客様がお住まいの自治体のゴミ分別ルールをご確認ください。
引用:TENGA公式サイトFAQ

 

ちなみにプラスチック製品の日に出されて迷惑してるゴミ収集業者もいる。

tinko

と言っても基本的にはプラスチック製品。公式が言ってるんだもん

バレたくない人は、捨てる前に赤いフィルムを剥がして分解。

テンガのフィルムは剥がせる

よくコンビニのごみ箱に捨てる人が多いけど、ダメ

ちゃんと自分のごみとして処理しましょう。

tinko

プラスチックもパキパキ壊せばTENGAの形に見えないよ

 

なぜ使い捨てなのか?

テンガカップは基本的にどれも使い捨て。

一回きりしか使えません。

TENGAカップは使い捨て用

理由は、単純に衛生上の問題。

内部をうまく洗えないんですよね。

しっかり洗おうとするとカップと内部ゲルが分離して、戻したとしても次はバキュームをかけられなくなる。

tinko

それじゃ気持ちよくないんだよな

ちなみにあるアイテムを使えば使い捨てのテンガカップを複数回使えるようになります。

▼詳しくはこちら

中身を分解してみた

テンガの中身を分解してみた

カップ×1
フィルム×1
ゲル×1
スポンジ×4

TENGAディープスロートカップの内部を洗いつつ中身を分解してみました。

テンガをしっかり洗ってみる

まず勢いよく内部を洗うと、

洗ったらスポンジがすぐ出る

すぐ入口手前のスポンジが飛び出す。

テンガの入口にあったスポンジ

多分、ローション漏れさせないために、入口に配置してローションを吸わせてる。

tinko

ローションの染み込み具合がすごかった

カップの奥まで指が届かなくて洗えない

しっかり洗おうにも指が奥まで届かず、洗い切れない。

テンガのゲルをはがす1

ちゃんと洗おうと内部ゲルを取り外してみる。

テンガのゲルをはがす

でもゲルがカップにくっついていて、これを取り外すともう元には戻せなくなる

tinko

でも取り出さないと奥まで洗えない

テンガ内部のゲル

実は細い内部ゲル。

テンガの内部から出てきたスポンジ

ゲルの奥から小さなスポンジも出てきた。

tinko

これもローションが染み込んでた

テンガの内部のスポンジ

ゲルを外したら周りにおおきなスポンジ。

テンガをくるんでたスポンジが出てきた

テンガを包んでたスポンジ

外のカップと内部のゲルの中間でクッションになってた。

テンガの奥から出てきたスポンジ2つ

ちなみにカップの最奥からもスポンジが2つ。

 

テンガゲル裏返し加工前

ちなみに内部ゲルを裏返したらこんな感じ。

テンガゲル裏返し

画像を加工して突起を見やすくしてみました。

テンガゲルの先端

テンガゲルの中間

最後にもう一度まとめ。

テンガの中身を分解してみた

カップ×1
フィルム×1
ゲル×1
スポンジ×4

これで650円

tinko

こうしてみたら割安
まとめ工夫がすごい
・ちゃんと洗うには分解が必要
・分解したらもう元には戻せない

 

それぞれの簡易レビュー

ディープスロートカップを使い終わったあと

それぞれを使ってみた。

 

全体的な感想は、超お手軽

軽いし、安い。

買ってビリっとフィルムをはがせばもうオナニーできる。

使い終わったあともそのまま捨てるだけだから、後始末も簡単。

 

ただ、気持ちよさは微妙

バキューム力は半端ない。

tinko

挿入口は全体的に狭め

 

スタンダード

テンガディープスロートカップ

星3。

可もなく、不可もなく。

痛くもなく、低刺激でもなく。

ニュル感がいい感じ。

値段的にも一番安いし、オナホールを使ってみたい人はこのディープスロートカップで「オナホールを体験」してみるのがいい。

テンガディープスロートカップ
TENGA ディープスロートカップ
TENGA 650円前後

オススメ

 

ソフト

テンガディープスロートカップソフト

星2。

スタンダードと比べたらやわらかい

内部はこんな感じ。

狭いけど、やわらかいから肉を掻き分けるようにスイスイ奥まで進める。

 

「オナホールを体験してみたい、けど自分は刺激に敏感だからオナホールが怖い」という人には赤いやつよりこっちの白いソフトがおすすめ。

テンガディープスロートカップソフト
TENGA ディープスロートカップ
ソフト

TENGA 800円前後

オススメ

 

ハード

テンガディープスロートカップハード

星2。

硬い。

というよりかは、高弾力

もともとディープスロートカップ自体キツキツなのに、さらにハードに。

マジで高刺激。

オナホ初心者にはおすすめしない。

手軽に高刺激なオナホールを使いたい人にだけおすすめ。

テンガディープスロートカップハード
TENGA ディープスロートカップ
ハード

TENGA 800円前後

オススメ

 

SD TENGAやU.S.TENGAなどサイズに合わせたのもある

SDテンガU.Sテンガの大きさ比較

普通のTENGAディープスロートカップは全長155mm。

プラスチックカップに包まれてるから、伸ばしたり縮めたりできない。

 

サイズが15cm前後以外の人はフルにギミックを楽しめない。

なのでムスコのサイズが小さめな人は、全長120mmのSD TENGA。

SD TENGA

SD TENGA
TENGA 600円前後

オススメ

 

サイズが大きめな人は、全長181mmのU.S.TENGA。

U.S.TENGA
TENGA 1000円前後

オススメ

 

 

使い捨て目的じゃなければちがうオナホールを買った方がいい

いかがでしたか?

 

テンガカップのいいところは、手軽さ

手軽さにかけてはオナホール界トップ。

安い、軽い、気持ちいい。

オナホールを体験してみたいという人には自信を持ってオススメできる。

 

でも気持ちよさに関して言えば、ほかにもいいオナホールはある

コスパに関しても、一回使い切りということを考えれば最強。

けど、もし何回も使いたいというならカップじゃなくて
フリップオーブ」や「FLIP0」などTENGA製ホールを買った方が、実はお得。