【2021最新版】TENGA(テンガ)製オナホール全種類を徹底比較【あなたのおすすめが見つかるかも?】

2021年5月5日

この記事は『TENGAを買おうとしているオナホ初心者』に向けて書いています。

あなたはオナホールになにをもとめていますか?

「オナホールがどんなものか知りたい」

という一回の体験をもとめている人は、1000円以下のテンガカップをおすすめします。

テンガディープスロートカップ

「手でやるオナニーはもう飽きた!」

というオナニーライフの質を向上させたい人は、1000円以上のテンガホールをおすすめします。

TENGAフリップホール白
tinko

一回だけでいいか、何回もくりかえし使いたいか。

ちなみにボクは、あの有名な赤いテンガカップをおすすめしてません。

コスパが悪すぎる。

TENGAカップは使い捨て用
テンガカップは使い捨て用って知ってました?

ボクはせっかく買ったオナホールは何回もつかいたいとおもうタイプなので、テンガホール派。

単品だと高価にみえるけど、オナニーできる回数で割るとテンガカップよりコスパがいい。

カップとホールのコスパ比較

テンガカップ…700(単品の値段)÷1(使用可能回数)=700円(1射精のコスパ)
テンガホール…6000(単品の値段)÷50(使用可能回数)=120円(1射精のコスパ)

テンガホールのほうが580円オトク!

ということで、この記事ではまず『全テンガホールのなかから3つのおすすめと理由』を。

そのあとにほかのテンガホールとテンガカップの特徴をご紹介していきます。

フリップホールフリップゼロフリップEVスピナームーバフリップオーブエアロジオクリスタ3Dディープスロートカッププレミアムテンガローリングテンガチューブカップローリングヘッドカップエアクッションカップデュアルカップ
TENGAフリップホール白TENGA FLIP0白というオナホールテンガフリップ0EVというオナホールTENGA Spinner PIXEL4(テンガスピナー・ピクセル)TENGA MOOVA SILKY WHITEというオナホールTENGAフリップオーブ青というオナホールテンガエアロのボディTENGA GEO GLACIERというオナホールTENGA crysta BallTENGAディープスロートカッププレミアムテンガたちテンガローリングカップ3種テンガチューブカップたちテンガローリングヘッドカップたちTENGAエアクッションカップTENGAデュアルカップ
値段6000円前後9000円前後198000円1980円2800円5800円4180円2800円2900円2700円700円900円900円825円825円935円1045円
特徴最オススメ使いやすいフリップホール振動するフリップゼロバネが回転ヒネリ刺激コリコリボール内蔵10段階のバキューム調整オシャレなかに硬質パーツオシャレ超有名上質ゲルクルクル回る握ってバキューム先端がグリグリスポンジなし二穴式
評価★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★☆☆☆★★★★☆★★★☆☆★☆☆☆☆★★★☆☆★★☆☆☆★★★★☆★★★★☆★★★★★(ジャイロ併用時)★★☆☆☆★★☆☆☆★★☆☆☆☆☆☆
画像タップでページ内ジャンプ!

TENGA FLIP HOLE【最オススメ】

いちばんのおすすめは『フリップホール』

オナホールに見えないオナホールとして有名になったテンガホールの元祖。

テンガフリップホール白の中身

おすすめの理由は

  • 気持ちいい
  • 洗いやすい
  • 耐久性がバツグン

この3つ。

気持ちよさはオナホールとして大前提ですよね?

テンガフリップホール白の内部構造の詳細

『フリップホール』は計算されつくした内部凸凹にくわえ、「フローティングパッド」というバキュームボタンがあります。

フローティングパットの使い方

吸いつきをコントロールできるから、自分の気持ちいい絡みつきがかならず見つかる

そして洗いやすさ。

テンガフリップホール白の干し方

使いおわったらパカッとひらいて水ジャブ、洗い終わったらそのまま干せる。

メンテナンスの手軽さは業界トップ。

tinko

普通のオナホは裂けるのビクビクしながらそっと裏返すもんね

おすすめはホワイト(ソフト)ブラック(ハード)

6000円前後と割高にみえるけど、最低50回はつかえる。

テンガカップは一本700円、『フリップホール』は100円。

ちゃんと比較すると、『フリップホール』のほうが安いのにきもちいいです。

▼くわしいレビュー記事はこちら

FLIP ZEROは上位互換だけど、、

ちなみにTENGAから『フリップゼロ』という上位モデルが発売されています。

「フリップホール」より持ちやすく、ローション漏れもすくない。

TENGA FLIP0白を開けた画像

上位互換なのはまちがいないけど、値段が8900円前後

ハッキリいって、「フリップホール」と3000円ほどの差はない

「どうせ買うならすこしでも性能のいいヤツがいい!」

という人は、『フリップゼロ』。

コスパを重視するなら「フリップホール」をえらぶべき

▼くわしいレビュー記事はこちら

FLIP0 EVはいつか試してほしい

これは頭の片隅に入れておいてほしいこと。

もしオナホールにハマったら、いつか『FLIP0 エレクトリックバイブレーション』も試してみてください。

値段は18000円と、けっして安いとは言わない。

TENGA FLIP0 EVの画像まとめ

気軽に手を出せる値段ではないけど、気持ちよさは折り紙つき。

断言します。

これは振動系電動ホールのなかでいちばん気持ちいい

TENGA FLIP0 EV BLACKのダブルモーター

ただでさえ気持ちいい「フリップゼロ」の内部構造にくわえて、ブルブル震えるモーター内蔵。

内部のデコボコひとつひとつがちんちんに吸いつくような、極上の振動体験を味わえる。

tinko

普通の振動系って接地面がツルツルなんよね。だから凸凹があるってだけでものすごいアドバンテージ

▼くわしいレビュー記事はこちら

TENGA SPINNER 【SNSで話題のヒネリ刺激】

つづいて紹介したいのが『テンガスピナー』

Twitterで定期的にバズる、圧巻のヒネリギミック。

おすすめの理由は見てのとおり、オンリーワンのヒネリ刺激です。

上下にうごかすとバネがグルグル回転。

AVとかでよく見るこねくり手コキの上位互換みたいな刺激を味わえます。

スピナーのひねりギミック

これで値段が1980円。

本来、回転系の刺激は1万円超えの電動ホールでしか味わえませんでした

でもTENGAだと1980円。

コスパもいいし、なによりシンプルに気持ちいいのでぜひ。

▼くわしいレビュー記事はこちら

TENGA MOOVAは用済みになった

スピナーがあらわれる前、TENGAからヒネリ刺激として『テンガムーバ』というものも発売されていました。

こちらもおなじヒネリ刺激。

テンガムーバのひねりの画像

どっちも使ったことがあるボクが断言します。

迷ったら「スピナー」を買うべき。

TENGAムーバとスピナー、どっちが気持ちいい?

唯一勝ってるところといえば、密着感がすごいということ。

それ以外はすべて「スピナー」以下。

コスパもヒネリ回転も「スピナー」のほうが上なので、どちらを買うか迷ったら「スピナー」を買いましょう。

tinko

時代に取り残された感ある

▼くわしいレビュー記事はこちら

TENGA FLIP ORB【ゲルのなかに、コリコリ】

最後のおすすめしたいのが『フリップオーブ』

インナーゲルのなかにコリコリボールが内蔵されているというもの。

TENGAフリップオーブオレンジを開く

おすすめの理由は、もちろんコリコリ感

ありそうでなかったこの構造。

そして発売されたあとも、いまだにどのメーカーからも後発組があらわれないオンリーワン刺激

tinko

つくるのめちゃむずかしいんだろうな

はじめて買うオナホールとしては不向き。

クセのある刺激なので、いきなりコレだとただ痛いだけ。

オナホールを数本つかってはじめてわかる、マンネリ化してきた人向け

前例のない、あたらしいオナホ刺激をもとめている人はぜひ。

▼くわしいレビュー記事はこちら

ほかのテンガホールシリーズ

テンガホールたち

上記したように、おすすめのテンガホールは

  1. フリップホール(コスパ最強)
  2. スピナー(最強のヒネリ刺激)
  3. フリップオーブ(コリコリなアクセント)

この3つ。

紹介してもらって悪いけど、どれも興味をそそられなかったよ、、

という人のために、ここからはそれ以外のテンガホールをご紹介していきます。

TENGA AERO【10段階のバキューム調整】

まずはこちら、『テンガエアロ』

ダイアル式でバキュームを10段階調節できるという画期的オナホール。

テンガエアロの目盛り

機能性はいい。

けど問題は、4000円という値段。

正直、そこまでの価値はない。

テンガエアロの超バキューム
驚異のバキューム力

気持ちよくないわけじゃない。

むしろ気持ちいい。

けど、4000円に見合うかときかれたら「うーん、、」

tinko

10段階も調節しないよね、、

▼くわしいレビュー記事はこちら

TENGA GEO【インテリア】

つづいてこちら『テンガジオ』

惑星のようにまん丸な、インテリア映えするオナホール

TENGA GEO GLACIERの中身

気持ちよくない。

どれもシンプルに気持ちよくない。

球体なため、バキュームをかけづらい

ちいさいから、グッと押しこまないとちんちん全体を覆ってくれない。

シコるためにオナホールを探している人はスルーでいい。

tinko

これはテンガをインテリアにしてる人向け

▼くわしいレビュー記事はこちら

TENGA crysta【インテリアPart2】

つぎはこちら『テンガクリスタ』

ゲルのなかに硬質パーツが埋めこまれた、異形のオナホール。

ゲルが肉厚なため、伸縮性に欠ける

公式画像だとビヨンビヨンに見えるけど、ここまで伸縮性はない。

けっこう力をいれないとグッと根元まで押しこめない。

硬さに自信がない人は買っちゃダメ。

tinko

これ買うなら「フリップオーブ」のほうがいいよ

▼くわしいレビュー記事はこちら

TENGA 3D【裏返したらオナホールに】

さきほど紹介した「テンガジオ」の前モデル。

オシャレさが群を抜いてる『TENGA 3D ZEN』

裏返してつかうやつ。

よく考えてみたらなんの変哲もない、ただのオナホール。

2600円のクオリティとしてほかのオナホールと比較してみたら、下のほう。

インテリアとしてオシャレにコストをかけるならいいだろうけど、シコる用ならやめとけ

tinko

使ってくうちに表面がボロボロになるからインテリアとしても微妙よ

FLIP lite【廃盤】

「フリップホール」の廉価版。

現在、廃盤中

tinko

察してくれ、そういうことや。

テンガカップをおすすめできない理由

テンガカップたち

テンガといったらあの赤いやつ。

だれもが知ってる超有名なあれですが、ここで再度アナウンス。

テンガカップはおすすめしません。

tinko

オナホ知ってる人ならみんな同じこと言うんじゃないかな?

おすすめできない理由は、コスパのわるさ

テンガカップはどれも1000円以下。

パッと見、コスパがいいように見えます。

でも、それは落とし穴。

じつはテンガカップはどれも”一回きりの使い捨て用”

TENGAカップは使い捨て用

構造上の関係でしっかり洗うことができないので、複数回つかう人は性病を覚悟しなきゃいけない

なのでテンガカップは『オナホールってどんなものか一回体験してみたい』という人以外にはおすすめしません。

tinko

裏ワザつかえば複数回使えるようになるけど、気持ちよさはどんどん落ちてくよ

とはいえ、それでも使ってみたい。

という人のために、ここからはテンガカップについてご紹介していきます。

「しゃらくせえ。ぜんぶ試させろ!」

という人はFANZAのお得なお試しセットをどうぞ。

ディープスロートカップ【世界一のオナカップ】

まずはこちら『テンガディープスロートカップ』

日本だけでなく世界で一番有名なオナホール

TENGAディープスロートカップ

こちらは「赤(スタンダード)」「白(ソフト)」「黒(ハード)」の3種類があります。

はじめてオナホールを買うなら「白(ソフト)」えらびましょう。

ちんちんは痛かったら萎えちゃうけど、やさしいからって萎えることはない。

まずはソフト刺激な白から手を出して、自分の好きな刺激強度を見極めましょう

SDテンガU.Sテンガの大きさ比較

『ディープスロートカップ』はほかにも「SD TENGA」や「US TENGA」などサイズちがい

クールテンガとディープスロートカップとホットテンガ

「ホットテンガ」や「クールテンガ」など温度ちがい

いろんなタイプのカップがあるので、自分の好きなものを見つけてみましょう。

プレミアムテンガカップ【上質なテンガをお届け】

つづいてはこちら『プレミアムテンガカップ』

テンガ10周年記念につくられた、プレミアムなテンガ。

tinko

最初は期間限定だったんだけど、人気すぎて通常販売に切り替えたらしい

具体的に「ディープスロートカップ」と何がちがうかというと、インナーゲルの厚み。

素材の品質もプレミアム、赤いやつ以上にしっとりした包まれ感を味わえます。

プレミアムテンガたち

こちらは「青(スタンダード)」「白(ソフト)」「黒(ハード)」の3種あるけど、青のスタンダードを選びましょう

青だけ900円前後、ほかのふたつは1000円オーバー。

1000円以上払うならどうかんがえても「ヴァージンループ」を買ったほうがいい。

ローリングテンガ【お手軽なクルクル刺激】

最後におすすめなのが『ローリングテンガ』

これは単体ではおすすめしません。

ジャイロローラー」or「バキュームジャイロローラー」が必須。

いっしょにつかうと、とんでもなく気持ちよくなります。

TENGAバキュームジャイロローラーのグチュグチュ

テンガカップがクルクル回る。

「テンガスピナー」はヒネリのみだけど、こちらは回転の仕方をえらべる。

  • ジャイロローラー…回転のみ(10000円前後)
  • バキュームジャイロローラー…回転+吸引(24800円前後)

どちらも値は張るけど、値段に見合った気持ちよさは保証します

tinko

TENGAを愛用していたらいつかたどり着くところ。「欲しい!」と思うまではムリして買わなくてだいじょうぶ

▼関連記事

ほかのテンガカップ

おすすめのテンガカップは

  1. ディープスロートカップ(安いから)
  2. テンガプレミアムカップ(ゲルが肉厚)
  3. ローリングテンガ(ジャイロと併用したらめちゃ気持ちいい)

この3つ。

オナホ初心者は上のふたつ、場数をこなしたらローリングテンガがおすすめです。

ここからはテンガカップにハマった人に向けて

ほかのテンガカップのサラッとご紹介していきます。

チューブカップ【握ってバキューム調整】

テンガチューブカップたち

カップホール唯一の「握れる」オナホール

ソフトチューブだから、握り具合によって締めつけを調節できる。

テンガチューブカップ

揉む・撫でる・圧迫するなどさまざまな刺激を楽しめるほか、射精後に「搾り出し」もできる優れもの。

これは「スタンダード」「ソフト」「ハード」にくわえて「U.S」という大きい人向けのオナホールも発売されています。

tinko

ただの「オナホール」の下位互換じゃね、、?

ローリングヘッドカップ【カリを舐めまわす】

テンガローリングヘッドカップたち

中間のバネが可動する「フレキシブルボディ」。

前後左右にくわえて上下にも動く。

テンガローリングヘッドカップの可動域

自由に動かせるから自分の気持ちいいところにグリグリ押し付けられる。

こちらも「スタンダード」「ソフト」「ハード」の三種類。

tinko

カリをグリグリするの気持ちいい

エアクッションカップ【スポンジ抜き】

TENGAエアクッションカップ

カップ型オナホール初のエアクッション構造。

つまり、スポンジやウレタンなどの素材を使用せずに作られたオナホール

使用感は「絡みつき」。

TENGAエアクッションの内部

らせん状のゲルがギュッと締め付けてくる絡みつき。

こちらは「スタンダード」のみ。

tinko

実際につかったら違いがわかるけど、わかるだけで感動はない

デュアルカップ【テンガ唯一の二穴式】

TENGAデュアルカップ

テンガカップで唯一の2穴構造

前から後ろからと2つの異なる穴を楽しめる。

デュアルカップの内部

ぎゅっと締め付ける「ビターサイド」と優しく絡みつく「スイートサイド」。

シリーズは「スタンダード」「U.S」と2種類。

tinko

ぶっちゃけ2穴式とかいいからきもちいい穴ひとつくれ

ここからはオマケとして、ほかのテンガシリーズもご紹介していきます。

EGGシリーズ【忘年会のビンゴ大会で必ずある】

テンガエッグたち

可愛らしい卵型。

でもちゃんと伸びるし、ちゃんと気持ちいい。

テンガエッグも中身

全22種類。

パッケージの柄がそのまま内部構造になってる。

540円と安いからお試しで買ってみるのもいいかも。

ポケットテンガシリーズ【最安値】

ポケットテンガ

TENGA製で最安のオナホール。

超薄型で手軽に使えるから、どこにでも持ち運べる。

ポケットテンガの中身

だから「POCKET」TENGA。

でもまあ、持ち運ばない。

単純な使い心地だけなら大したことない。

メンズトレーニングカップ【医療用】

これはオナホールとはちょっと違うもの。

早漏や遅漏で悩む男性のために開発された「ヘルスケア」グッズ。

刺激の弱い順から使って刺激を慣れさせる早漏改善キッドと。強い順から徐々に弱めて少ない刺激でも射精できるようにできる遅漏改善キッドの2パターンがある。

詳しくは公式TENGAヘルスケアへ。

テンガカップではなく、テンガホールを選ぼう

いかがでしたか?

テンガといったらあの赤いやつ。

ですが、あの赤いやつは「オナホールを一回体験してみたい」という人以外にはおすすめしません

理由は、

  • 気持ちよくない
  • 実はコスパがわるい

このふたつ。

これからのオナニーライフを充実させるために買おうとしているなら、おもいきってテンガカップを買いましょう。

フリップホールフリップゼロフリップEVスピナームーバフリップオーブエアロジオクリスタ3Dディープスロートカッププレミアムテンガローリングテンガチューブカップローリングヘッドカップエアクッションカップデュアルカップ
TENGAフリップホール白TENGA FLIP0白というオナホールテンガフリップ0EVというオナホールTENGA Spinner PIXEL4(テンガスピナー・ピクセル)TENGA MOOVA SILKY WHITEというオナホールTENGAフリップオーブ青というオナホールテンガエアロのボディTENGA GEO GLACIERというオナホールTENGA crysta BallTENGAディープスロートカッププレミアムテンガたちテンガローリングカップ3種テンガチューブカップたちテンガローリングヘッドカップたちTENGAエアクッションカップTENGAデュアルカップ
値段6000円前後9000円前後198000円1980円2800円5800円4180円2800円2900円2700円700円900円900円825円825円935円1045円
特徴最オススメ使いやすいフリップホール振動するフリップゼロバネが回転ヒネリ刺激コリコリボール内蔵10段階のバキューム調整オシャレなかに硬質パーツオシャレ超有名上質ゲルクルクル回る握ってバキューム先端がグリグリスポンジなし二穴式
評価★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★☆☆☆★★★★☆★★★☆☆★☆☆☆☆★★★☆☆★★☆☆☆★★★★☆★★★★☆★★★★★(ジャイロ併用時)★★☆☆☆★★☆☆☆★★☆☆☆☆☆☆
画像タップで個別レビュー記事へジャンプ!

もしこの記事に関して質問や感想がありましたら、お手数ですがコメントください。

それ以外にも自分に合うオナホールを探したくなったら当サイト『オナ王』でお探しください。