【オナホール用ローション3選】5年かけて気付いた相性のいいやつとダメなやつの見分け方【初心者必見!】

2020年9月23日

どうも、現役アダルトショップ店員tinkoです。

あなたはどのローションでオナホールをつかってますか?

もしあなたが、

「付属ローションもなくなったし、いまからペペローション買おう!」

と思っていたらこの記事はかならず読んでください。

ペペローション
これ
tinko

さもないとお金をドブに捨てることになります

記事を読むのが面倒なら、とりあえず「おなつゆ」というローションをポチってください。

オナホーラーならみんな使ってる、ド定番中のド定番です。

とにかく、ペペローションは絶対に買っちゃダメ

有名だからとつい買いがちだけど、アレはオナホールと相性がすごく悪い

tinko

お店でもそれを知らずに買っていく人がすごく多い

オナホ初心者ほどハマりやすい落とし穴。

情弱狩りに遭わないよう、この記事を読んでしっかりオナホールに合うローションの見分け方を知っておきましょう。

簡単なネタバレ

  • 濃度の薄い「ソフトローション」を買おう
  • ソフトは膜が薄いから凸凹がダイレクトに伝わる
  • 「ペペローション」は膜が厚いからオナホには不向き

オナホールの気持ちよさはローションで決まる!

オナホールはローションで決まる

オナホールの気持ちよさはローションによって左右されます。

どんだけ気持ちいいオナホールを手に入れたとしても、ローションがダメだったら気持ちよくなることはない

では、どんなローションが気持ちいいのか?

オナホに使うローションで見るべきポイントは、

  • ローションの濃度
  • ローションの膜の厚み
  • シリコンローションかどうか

この3点。

5秒でわかる濃度の見分け方

基本的には濃度がうすいローションを買いましょう。

5秒でできるローションの濃度チェック

  1. 振る
  2. 気泡ができたのを確認
  3. ひっくり返す

気泡の上昇速度が遅い=「濃い」、早い=「薄い」

GIFだから読み込みに時間かかるかも
GIFだから読み込みに時間かかるかも

この気泡が浮上するスピードで濃度がわかります

ペペローションは濃度の濃いハード系。

濃度の薄いオナホ用ローション「おなつゆ」だと、

おなつゆの濃度の薄さ
GIFだから読み込みに時間かかるかも

ペペより浮上するスピードがはやい。

時間があったらお店にいって確かめてみてください。

tinko

これ意外と知らない人多いよ

薄いローションがオススメな理由

ハードローションとソフトローション

なぜ濃度のうすいローションを選ぶべきか。

まずはそれぞれの特徴を知りましょう。

ハード(濃い)の特徴

  • トロトロ
  • 乾きやすい
  • 滑りがわるい
  • ローションが垂れにくい

マイルドな刺激に!

ソフト(薄い)の特徴

  • シャバシャバ
  • 乾きづらい
  • 滑りがいい
  • ローションが垂れやすい

エッジの効いた刺激に!

こうしてみると、どちらもいいところがある。

「こんなの好みの問題じゃん!」

とおもってしまいますよね?

それでもボクはまず濃度の薄いローションをおすすめします。

理由は、【最近のオナホールをすごく精密につくられているから】です。

注意

メーカーによっては「ハード=薄い」という場合もあるから名前だけで判断しないように

オナホの凸凹はローションの厚みで決まる

最近のオナホールは昔とちがい、作りのひとつひとつが精巧。

内部の凸凹をミリ単位で計算し、開発されています。

ヴァージンループの横ヒダたち
ヴァージンループの極細ヒダ

濃度が濃い「ハード」だと膜が厚くなり、凸凹をイマイチ感じづらい

ハードローションの厚さ
ハードローションの厚み(ペペローション)

濃度が薄い「ソフト」だと膜も薄くなるから、凸凹がよりダイレクトに感じれる

ソフトローションの薄さ
ソフトローションの薄さ(アストログライド)

tinko

コンドームも極厚のやつより0.01のほうが気持ちいいしね

むかしの荒いオナホールならまだいい。

でも最近のオナホールにハードローションをつかうとギミックがぼやけて本領を発揮しきれない

なにで濃度が変わるのか

ローションは「ポリアクリル酸Na」という水を吸収する成分が配合されているおかげで「トロみ」が生まれています。この「ポリアクリル酸Na」の含有量が多いほどたくさん水を吸収してトロトロ(濃い)になり、少ないほどサラサラ(薄い)したローションになります

濃度の薄いソフトローションを買おう

膜の薄いソフトローションを買おう

以上をふまえた上で、ボクは濃度が薄い「ソフトローション」をおすすめします。

時代とともに内部の凸凹がどんどん繊細になってきた近年。

濃いローションをつかうのは、鼻が詰まっているのに高級料亭にいくようなもの。

せっかくのおいしい料理でも、味はしない。

そのオナホールの本領を100%には引き出せない。

「刺激に敏感ですぐ痛くなる」
「早漏だけど長くオナニーをしたい」

という人も、最初はソフト系ローションがおすすめ。

tinko

まずはソフト。そこからちょっとずつ自分の好みに合わせたらいい

まずはソフト系ローション、マイルド刺激がお好みならせめて「オナホール用」のハード系ローションを買いましょう。

おすすめのローション3選

たくさんのローション

「ソフトがいいのはわかったけど手に取らないと濃度がわからないよ!」

という人のために、ここからは「これだけは外せない!」という定番のローションをご紹介します。

王道中の王道「おなつゆ」

おなつゆ
値段600円前後
370ml
1mlあたり1.6円

キングオブローション。

オナホーラーも『おなつゆ』ユーザーが圧倒的に多いし、実際にボクも一軍として使ってる。

FANZAの「大人のおもちゃ総合ランキング」でもずっとランキング上位に居続けてる強者。

tinko

ペペ強え、、

いい感じにサラサラしてるから凸凹を感じやすいし、乾きづらい。

オナホデビューの人はとりあえずこれを買っておけば間違いない。

凸凹がくっきり「アストログライド」

アストログライドレギュラーの中身
値段1700円前後(148mlの場合)
74ml、148ml
1mlあたり11.4円(148mlの場合)

個人的にいちばんのオススメは『アストログライド』

あらゆるローションのなかでいちばんオナホの凸凹がクッキリな膜の薄さ。

量はすくないけど、一回に使う量は小さじ一杯以下。

2.3滴垂らすだけでヌルヌルだからコスパはいい。

しかもまったく乾かない
参考記事:ローションの乾燥までどれくらい?(ホットパワーズより)

オナホールがもつポテンシャルを100%引き出したい人は試してみてほしい。

tinko

NASA職員が退職してまで開発したという謎の高スペックローション

▼アストログライドシリーズの比較記事こちら

コスパ最強な「半熟サキュバス魔改造ローション600ml」

半熟サキュバス魔改造ローション600ml
値段1100円前後
600ml
1mlあたり1.8円

やすくて大容量、そしてオナホの凸凹を感じれるのは『半熟サキュバス魔改造ローション』

おなつゆやアストログライドにくらべたらすこし膜は厚いけど、コスパには勝てない。

「コスパ重視なら2リットルのローション買ったほうがよくない?」

と思いがちだけど、多すぎるとなかなか使いきれない間にフタの裏や注ぎ口にカビが繁殖しがち。

衛生面もかんがえたら、600ml程度の大容量ローションがちょうどいい。

tinko

600mlが片手で注げる量の限界

買っちゃダメなローション

ここからは買っちゃダメな地雷ローションのタイプをご紹介します。

オナホ用といっておきながら相性が悪いローションもあるので、しっかり騙されないようにしましょう。

ペペローションは「風俗用ローション」

まずはこちら。

有名だけど、「ペペローション」は買っちゃダメ

ペペローション

そもそもペペは”風俗用ローション”。

風俗用とオナホール用ローションはデフォルトの濃度がちがいすぎる。

オナホ用・・・凸凹を感じれるよう薄め

風俗用・・・肌を傷つけないよう濃いめ

風俗用は膜が厚すぎて凸凹がぜんぜんわからないし、すぐ乾いちゃう。

「オナホ用ハードローション」よりも濃い『ペペローション』は、オナホールと相性が悪い。

tinko

水で薄めるならいいけど、面倒だしね

洗い不要ローションは「洗い必要」

洗い不要ローション

オナホデビューのときに引っかかりがちな落とし穴のひとつ。

「え!洗う手間が省けるって便利じゃない!?」

とおもってつい買っちゃいがち。

tinko

ボクもそうだった、、

でも、使って気づく。

「洗わないの汚なすぎね?」

ティッシュで拭き取ろうにもベタベタしたままだし、なにより精〇が残ったまま。

使い心地も普通のローションとくらべて微妙。

洗う手間は省けないので、「洗い不要」に惹かれて買っちゃいそうになった人は落ち着きましょう。

「洗い不要」の理由

ローションが乾いたあとカピカピになる理由は「ポリアクリル酸Na」です。洗い不要ローションは「ポリアクリル酸Na」の含有量を減らすことでネバつきを抑え、普通のローションよりもサッとティッシュで拭き取りやすくなっています。正確には「洗い不要」というより「ヌメリが取れやすい」ローション

シリコン系は絶対に買っちゃダメ

絶対に買っちゃダメなのが「シリコンローション」

膜が極厚なうえに、オナホールを溶かす可能性も。

気持ちよくないうえにオナホールへのダメージ大。

風俗用や洗い不要ローションは使い方によってはまだ救いがある。

でもシリコン系だけはダメ。

絶対にオナホールに使っちゃダメ。

tinko

「膜が厚くて安全」っていう理由で本来アナルプレイに使われるやつだからね

ローションは膜の薄さで決めるべき

いかがでしたか?

おすすめのローション

とにかく「ペペローション」は絶対に買っちゃダメ

最初は「おなつゆ」が正解。

ローションの見分けがついたら次はオナホール。

【自分に合うオナホールの選び方】についてまとめた記事もあるのでよかったらあわせてご覧ください。

もしこの記事になにか質問や感想がありましたら、お手数ですがコメントください。

それ以外にも自分に合うオナホールを探したくなったら当サイト『オナ王』でお探しください。